プロミスは学生でも利用できる?審査のポイントと利用するメリット

プロミスを学生が利用する方法申込み手順と審査のポイント

学生がプロミスを利用したら、周りにバレてしまうのではないか。そんな心配をしている方が多いですよね。

しかしプロミスは、郵便物なしにする申込み方法もあるので、周りに知られにくく利用することができます。

またこの記事では、プロミスを学生が申込んだときの審査についても詳しく解説していきます。

プロミス
プロミス
  • 入力画面が少なく申込みが楽!
  • コンビニATMやネットから24時間借りれる
  • 初めてなら30日間利息ゼロ円

プロミスに学生が申込みするための必要条件

プロミスの申込み条件は、20歳から69歳までの方で安定した収入があることです。

大学生・短大生・専門学校生の方でも、アルバイトで毎月安定した収入を得ているなら、社会人の方と変わりなく申込みできます。

年収が多くなくても、継続して収入を得ていれば、プロミスを利用できる可能性があります。

ただ20歳未満の方は申込みができないので、注意しましょう。

プロミスを利用したら周囲に知られる心配はある?

プロミスは「家族や学校などに知られてしまうのではないか?」と不安な学生の方でも、利用しやすいサービスです。

なぜならプロミスは、契約内容によっては郵便物自宅への電話連絡なしで利用できるので、周囲に知られてしまう可能性は低いです。

プロミスのWeb完結なら郵便物なしも可能

プロミスはWebで申込み、返済方法を「口座振替」にすると郵便物なしで契約できます。

さらにWebで契約すると契約書類や利用明細を会員ページで確認できるため、書類が送られてくる心配もありません。

また契約時にカードを発行なしを選択しても、必要に応じ発行してもらえます。

本人確認書類を持参のうえ自動契約機か店頭窓口でカード発行してもらいましょう。

プロミスは連絡先を携帯電話のみにできる

プロミスに申込むと「自宅に電話がかかってくるのではないか」と不安に思う方もいるかもしれません。

連絡先は固定電話である必要はなく、自身の携帯番号のみ指定することで自宅に電話がかかることはありません。

またプロミスから電話があるのは、申込み者への連絡だけではなく、勤務先へ在籍確認が行われます。

審査時の在籍確認なしはできない

勤務先への在籍確認は、申告した勤務先に本当に勤めているのかを確認するため、プロミスの審査時に必ず行われるものです。

ただ在籍確認は、プライバシーに配慮して「プロミス」とは名乗らず、個人名にて行われるため、バイト先にプロミスの利用を知られる可能性は低くなっています。

しかしバイト先によっては、個人情報保護のために個人宛の電話には対応してもらえないケースが考えられます。

またアルバイトの人数が多く電話を受ける人に名前を把握してもらえていない状況だと、在籍確認を完了させることは難しいかもしれません。

在籍確認の不安があるときは、申込み前にプロミスのコールセンターへ相談をしてみましょう。

プロミスのコールセンターへ相談すると、給与明細書2ヶ月分などの書類の提出で代用となることがあります。

プロミスで郵便物なしにするための申込み手順

プロミスから郵便物なしで借入れするには、申込みから契約までをWebで行い、カード発行については「カード郵送希望なし」を選択する必要があります。

申込み手順は、以下のようになります。

郵便物なしの申込みから借入れまでの手順
  1. 契約手続き方法は「Web」を選択
  2. 必要書類を撮影して提出
  3. 審査が行われる
  4. 審査に通過するとプロミスから連絡が入る
  5. 契約手続き・返済用口座を登録
  6. 「カード郵送なし」を選択
  7. 振込みまたはスマホで借入れ

契約時には返済用口座の登録が必要なので、事前に返済用として設定する口座を準備しておくとスムーズに手続きを進めることができます。

返済用口座として設定できるのは、三井住友銀行や三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行をはじめ、ネット銀行や地方銀行の口座です。

またアプリを使うと必要書類のコピーを取る必要なく、撮影から提出までスムーズに行うことができます。

必要書類は、運転免許証・パスポートなら1点のみ、健康保険証なら別で住民票などもう1点の提出が必要です。

ただ借入れ希望額が50万円超・他社からの借入れと合計して100万円超の場合は、収入証明書類の提出も必要となるので気を付けましょう。

収入証明書類は、最新の源泉徴収票や直近2ヶ月分の給料明細などです。

さらに本人確認書類に記載の住所が現住所でないときは、別で公共料金領収書などの現住所を証明できるものが合わせて必要となります。

プロミスでカード発行なしで申込む方法

プロミスでカード発行なしで借入れする方法は以下の2つです。

  • 振込み融資
  • アプリでセブン銀行ATMから借入れ

振込み融資はプロミスが対応している約200社の金融機関へ、24時間365日最短10秒、手数料無料で融資を受けることができます。

そしてアプリを使えばローンカードを発行しなくても、セブン銀行ATMから借入れ・返済することが可能です。

アプリでの借入れ時には、セブン銀行ATMを利用するたびスマホ画面に、1回限りのパスワードが発行されるので、セキュリティ面でも安心して利用することができます。

また郵便物をなしにするために、返済方法は「口座振替を選択」することが必須です。

登録可能な口座を準備できないと、Webでの契約が完了できないので注意しておきましょう。

プロミスを学生が借りるときの審査は?

プロミスは大学生・短大生・専門学校生の方であっても、社会人の方と審査条件に変わりはありません。

審査通過のために必要なことは、「安定した収入」と「返済能力」があることです。

安定した収入とは収入の金額よりも、毎月一定額の収入を継続して得ていることが重要なので、収入が高くなくても借入れできる可能性があります。

ただ、日雇いバイトをしている方などは収入が不安定とみなされやすく、審査落ちの可能性が高くなります。

またプロミスのような消費者金融は「総量規制」という法律によって、貸付できる金額が年収の3分の1までと決められており、年収による上限があることには気を付けておきましょう。

たとえば年収が60万円なら、最大で借りられる金額は20万円となります。

審査ではクレジットカードや、他社カードローンの利用状況も確認されます。

さらに携帯端末の分割払いも「ローン」であるため、確認項目に含まれるのです。

これらの支払いを延滞していると、返済能力がないとされ、審査に通過できない可能性があります。

プロミスの審査に通過するためには、支払いを延滞しないよう、普段から気を付けておくことが大切なのです。

プロミスを学生が利用するメリット

ここでは学生証・免許証を同時に提出すると金利を優遇してもらえる中小のカードローンの「イーキャンパス」と比較して、プロミスのメリットをみていきましょう。

大手カードローンと比較すると、大きな違いを感じにくいので、あえて中小のカードローンと比較しました。

条件 金利
プロミス 通常 4.5%~17.8%
イーキャンパス 通常 15.5%~16.5%
学生証と免許証を提示できる方 16.0%
学費目的ローン 15.5%
海外渡航目的ローン

(2019年10月時点)

金利を比べると、プロミスよりもイー・キャンパスの金利のほうが低くてお得ですね。

ただプロミスは、平日の夜間・日曜日・祝日の申込みでも、即日で契約を完了させることができます。

また契約完了後は24時間対応の振込みやコンビニの提携ATMで、すぐに借入れすることが可能です。

それに対してイーキャンパスは、「平日10時~18時・土曜日10時~17時30分」までに契約を完了させなければいけません。

土日祝日も営業していないので、申込めるタイミングがかぎられてしまいます。

そのためプロミスのほうが急いでお金が必要なときmに役立ちますし、すぐに対応してもらえる可能性が高いです。

さらにプロミスは、初めて借入れする方限定で、30日間の無利息サービスを利用できるというメリットもあります。

借入れした翌日から30日間利息が無料なので「次の給料日が来たら返せる」というときは、利息をかけずに借入れが可能です。

短い間借りるなら、プロミスを利用した方がお得になる可能性が高いですよ。

まとめ

プロミスを学生の方が利用しても、周囲にバレにくく利用でき、初回無利息で利用できます。

土日祝日や夜間の申込みにも対応しているので、早くお金が必要なら学生ローンよりもプロミスのほうが利用しやすいでしょう。

>>審査に不安ならまずは診断<<

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。