楽天カードの上限に達したとき増額する方法は?

楽天カードの上限金額は最大100万円楽天カードの増額審査【メリット・デメリット】

楽天カードを使って買い物しようと思っても「上限」

そんなとき「楽天カードの上限額がもうちょっと高かったら、増枠ができれば……」と思う方も多いでしょう。

また、カードの上限金額の増枠には気をつけなければいけない注意点もありますので、合わせて確認してみましょう。

最大限度額は一体いくらまで?

「楽天カードの上限金額を増やしたいけど、最大でいくらまで増やせるの?」と考えている人もいるのではないでしょうか?

オンラインサービスでは「最大100万円」が限界

Web上の楽天カード会員専用オンラインサービス(以下e-NAVI)からの増枠申請で設定できるのは、ショッピング枠とキャッシング枠合わせて100万円が限界のようです。

たとえば現在ショッピング枠50万円、キャッシング枠30万円、計80万円の楽天カードを持っている方がいたとします。

この方が増枠申請で100万円を選択し、増枠審査終了後、増枠が出来た場合は以下のようになります。

ショッピング枠の利用枠が増え、キャッシング枠はそのままで合計利用枠(上限金額)が100万円になりました!

入会金・年会費が無料のカードで上限がこの金額であれば、日常生活の上で困ることはほぼないのではないでしょうか?

キャッシング枠の増枠も出来ないわけではありませんが、収入証明書などの提示を求められる場合があります。

収入証明書類がすぐ手元にない場合は、キャッシング枠の申請は控えたほうが良いかもしれませんね。

コールセンターでの増額申請は「最大300万円」

しかし、コールセンターへの電話で増枠したいことを伝えると、最大で300万円までの増枠することが可能です。

この増枠上限は楽天ゴールドカードなど、いわゆる上位カードでなくともできるのです。

ただやみくもに連絡をすれば誰でも上げられるというわけではありません。

当然、年収やカードの利用頻度、そして後述させていただくクレジットヒストリーが関係してきますので注意が必要になります。

楽天カードのランクで利用可能上限は変わるの?

「上限はわかったけれど,普通の楽天カードよりゴールドやプレミアムのほうが上限金額が高そう……」と思ってしまうでしょう。その通り、カードのランクに比例し上がります。

カード名 利用可能上限
楽天カード 基本上限100万円
楽天ゴールドカード 基本上限200万円
楽天プレミアムカード 基本上限300万円

各カードのランクに応じ+100万円ずつ上がるといったところです。

楽天カードは年会費無料ですが、ゴールド・プレミアムは年会費が必要となります。

通常の楽天カードの上限が100万円になり「それでも増枠したい」という場合は、楽天コンタクトセンターに連絡をしましょう。

主婦や学生でも増枠出来る?

主婦や学生の方であってもアルバイトやパートをしていて安定した一定収入が望める方は可能なのです!

高校生は除きますが、18歳以上でアルバイトをされている方にもカードの発行の可能性があるのが楽天カードです。

楽天カードを利用し、なおかつ返済がしっかりしている方は楽天カード側もありがたいお客さまです。

逆に下げる方法はあるの?

「最初の上限金額が思ってたよりも高かった……」

「使いすぎが怖くて……もっと上限を下げておきたい」このような方も少なからずいるでしょう。

増枠があるのであればその枠を減らす、つまり減枠ももちろんあります。

申請自体はe-NAVIから行なうことができ、審査がなく即時反映されるのでとても楽に済みます。

しかし、減枠をしてから「やっぱり必要になってしまった!もとの利用枠に戻して!」ということは出来ないので、減枠されるときは本当にいいのかもう一度考えてみて下さい。

なぜ戻せないのかというと、「一度下げた上限を増枠する」ということだからです。

増枠ということは審査が必要になります。

もしそこで審査が通らなければ、最低6ヶ月は元の利用枠に戻せなくなってしまうからなのです!

増枠審査してもいいか考えてみよう

楽天カードの限度額がいくらまでか、減枠したくなった際のやり方・注意点は分かっていただけたかと思います。

では次に、限度額を上げることによる増枠の良い点と悪い点をご紹介していきます。

楽天カードの増枠によるメリット

使える金額が増える。当たり前ですがこれが第一です。ポイント機能が優秀な楽天カードでは、高いポイント還元率も合わせて嬉しい部分といえます。

楽天SALEなども参加しやすくなりポイントも多く貯まりますので、楽天市場などの楽天からのサービスを受けている人ほど大きなメリットになります。

関連記事|楽天ポイントの期限を延ばせる方法!?意外に知らなかったテクニックをご紹介!

楽天カードの増枠によるデメリット

そして悪い点ですが、扱える金額が増えたということです。「え?メリットじゃないの?」と思われますが、これはメリットでもありデメリットでもあるということですね。

なぜデメリットにもなるか、という答えですが、金銭の管理をよりシビアにしなければいけないからです。

当然ですがカードを利用したらその分返済しなければなりません

使える金額が増えるということは利用分が増えるので、使用すればするほど返済金額も上がるということだからです。

増枠に失敗したときのリスクもある!

増枠審査に通らなかった場合は再度6ヶ月の間は増枠の申請が出来なくなったり、利用状況や返済状況によって減枠されてしまったりする可能性があることも忘れてはいけません。

また、一度増枠すると余程楽天カードを利用していないなどでなければ、こちらから減枠しない限り上限金額が下がることはありません。

しかし、返済ができないと最悪の場合、利用停止となります。

「今月使いすぎたけれどカードの利用額はまだこれだけあるし大丈夫」

こんな使い方はハッキリといい使い方とはいえませんし、むしろ気を付けないといけない使い方ですね。

長期的に増枠を考えている?それとも短期的?

「新しい生活していく上でこれくらいは必要かな」

「別の趣味を始めるからそれにいくらかかるかわからないな」こんな方なら、長期的な増枠ととらえて大丈夫です。

しかし、引っ越しの費用やライブなどの遠征費などで当月のみの増枠でいいという方には一時増枠をおすすめします。

一時増枠とは2ヶ月の間、ショッピング枠の利用可能金額を2倍に引き上げ対応してくれるというものです。

引き上げた金額が上限金額を超えるラインになったら分割払い等が出来なくなり、全て一括での支払いとなりますので注意しましょう。

審査への準備をしよう!

増枠のメリットとデメリットもわかっていただけたかと思いますので、これから増枠審査への準備をしていきましょう。

まず、審査へ向かう前に「最大限度枠はいくらまで?」で少し触れた、クレジットヒストリーという言葉についてまず説明します。

クレジットヒストリーとは

簡単にいうと、信用情報機関に記録されているクレジットカードの利用履歴のことです。

クレジットカード会社は増額やカードの新規申し込みで審査をするときに、信用情報機関へ情報の照会を行なって、現在の借入の状況や返済状況などを確認しているのです。

ちなみに、携帯電話・スマートフォンを分割で購入した際の情報も参照されます。

クレジットヒストリーに関して私たちがやれることは、カード会社の信頼を得るために、月に何度か少額でもよいのでクレジットカードを利用してきっちり引落しをしてもらうだけです。

カード発行会社からすると「カードを使ってくれて返済もきちんとしてくれるのは、よい顧客」だからです!

カードを使ってもしっかり返していますよ!とアピールすることが大事です。

念のため、楽天カードの引き落とし日は当月末締め、翌月27日支払いなので余裕を持って口座に入金しておきましょう。

関連記事|良いクレジットヒストリーの築き方とは?一から学べるクレヒスの仕組み

延滞している支払いがあればすべて解消してから申請すること

もし、「クレジットカードの返済は問題ないけれど携帯電話の方は延滞が発生している」、「滞納している期間が長い」など、支払いが遅れているものに思い当たる点があるならば、それらを全て解消した後に増枠の申請を出しましょう。

楽天カードの上限額の増枠が出来ない場合は?

「注意点を解消して増枠審査をお願いしたけど、通らなかった!」

思い当たる節のない状況でそうなってしまったのであれば、6ヶ月の間は放っておくしかありません。

しかし、ここまでの気をつけてきたことが無駄になったわけではないのでご安心ください!

延滞などがないかも確認しており、なおかつ急ぎでお金を準備したいのであれば、カードローンを利用するもしくは別のクレジットカードの発行申請をするという手段があります。

「無駄になったわけではない」というのはカードローンも別のクレジットカードも、審査があるため事前に確認しておく必要があるからということです。

カードローンを利用する

クレジットヒストリーに問題がないのであれば、カードローンで借入ができる可能性はあります。

カードローンは現金を借りることができるサービスです。

一度契約するとあらかじめ決められた借入限度額の範囲内で、借入と返済が自由にできる便利なもの。

カードローンには大きく分けて2種類あり、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンがあります。

銀行系カードローン

銀行系カードローンは金利が低めなのも特徴で、約2.0~14.0%で借入が可能です。契約できる限度額も高めに設定されているので、低金利で多く借りたい方にはおすすめです。

またATMでの借入・返済時のATM手数料が無料になることが多く、コンビニにも設置されているセブン銀行ATMや、ゆうちょATMなどで時間外の手数料までもが無料になります。

しかし銀行系カードローンは審査完了までの時間が長いため、お金が足りなくなりそうなときには早めに申請しておく必要がありますね。

消費者金融系カードローン

消費者金融などの非銀行系カードローンは金利が銀行カードローンよりわずかに高く、3.0~18.0%ほどになります。

しかし、新規契約から30日間は利息ゼロで利用できる「無利息期間」というものが利用できる消費者金融会社もたくさんあります。

借り入れを短期かつ今回のみで希望するのであれば、消費者金融系カードローンが向いているでしょう。

また審査完了までの時間も短く、最短で申し込んだその日のうちにお金を借りることができる「即日融資」というサービスもありますから、急いでいる方にはありがたいですね。

ただし、即日融資は申込の曜日や時間帯によっては翌日以降の取り扱いになることがあるので要注意が必要です。

別のクレジットカードを利用する

現金ではなくショッピングでご利用される、という場合でしたら別のクレジットカードも選択肢となります。

別のショッピング利用でお得なクレジットカードのおすすめ

楽天市場以上にAmazonをよく利用される方で無料発行出来るカードを希望であればJCB CARD Wがおすすめです。

JCB CARD Wの概要
年会費 無料 発行料 無料
発行は最短で3~7日の営業日 ETC年会費 無料
限度額10~100万円 ポイント還元率1.0%、Amazonは2.0%

ヤフーショッピングをよく使われる方で無料発行出来るカードを希望であれば Yahoo!JAPANカードがおすすめです。

YahooJAPANカードの概要
年会費 無料 発行料 無料
発行は7~10日の営業日 ETC年会費 540円
限度額は10~100万円

ポイント還元率1.0%、Tポイントが加算

まとめ

最後にもう一度、楽天カードの上限を上げるためのポイントをまとめます。

  • 上限金額の増枠はe-NAVIから可能。最大上限額は基本100万円が上限。
  • 増枠のコツは楽天カードを使い、その利用額をきっちりと返済することの積み重ね。
  • 当月のみなどイレギュラーな出費には一時増枠も考える。
  • 減枠は申請する前にもう一度よく考えること、元に戻すには増枠審査が必要。
  • 審査に通らなかった場合は再審査までは6ヵ月待つこと。

クレジットカードは、一度持つと便利でなかなか手放せなくなるものです。利用上限枠を上げればそれだけ便利になりますが、より手放せなくなってしまい使い過ぎのリスクが上昇します。

カード利用前に利用できる額の確認をし、自身の収入と見比べて無理のない範囲で使っていけるというのが一番理想的ですね。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。