銀行でキャッシング利用!カードローンとの違いや申し込み方法

キャッシングのイメージ画像

「キャッシング」とは現金による借り入れを指します。

身近なものにはクレジットカードのキャッシングなどがありますが、それだけではありません。

安心かつ低金利である銀行でもキャッシングが利用できます。

銀行のキャッシングは数種類あり、それぞれ特徴が異なります。

それらを知った上できちんと使い分けられるように、キャッシングとカードローンの違いやキャッシングのメリット・デメリットなど、基本的な知識をつけておきましょう。

他には、申し込みから融資までの流れやATMの具体的な手順といった実践に役立つ情報もまとめています。

金融商品の仕組みは複雑なものが多く、前知識がない状態で申し込むとよく分からないままになってしまうこともあります。

今日はわたくし、経済評論家の湯銭孝志ゆぜにたかしが解説します!

申し込みの際に焦らないように銀行のキャッシングの中から自分に最適なものを選べるようにしておきましょう。

銀行のキャッシングとは一体?

銀行のキャッシングは大別すると2種類

銀行のキャッシングは、「銀行キャッシング」「銀行系キャッシング」に大別されます。

それぞれにメリット・デメリットがあるため、銀行のキャッシングに申し込む前にどちらが自分に合っているのかを調べておきましょう。

「銀行キャッシング」とは銀行が融資を行い、「銀行系キャッシング」とは銀行が経営資金の出資元となっている消費者金融業者が融資を行います。

金利や審査の厳しさに違いがある

銀行キャッシングの方が金利が低い傾向にあります。

銀行キャッシングの上限金利の相場が15%であるのに対して、銀行系キャッシングの相場は18%となっています。

新規契約では上限金利に設定されることが多いため、銀行キャッシングを選ぶと3%も低い金利で融資を受けられることになります。

金利は返済額に大きく影響を与えますので、低金利でお金を借りたいと思うのが自然でしょう。

また、銀行キャッシングは低金利な上に総量規制の対象ではないため人気がありますが、審査は比較的厳しいという特徴があります。

何らかの理由で審査に通過できるか不安という人は、銀行系のキャッシングもしくは一般的な消費者金融業者のキャッシングに申し込む方法があります。

この中では消費者金融業者が一番審査に通過しやすいといわれています。

銀行キャッシングには3種類ある

クレジットカードのキャッシング枠を利用

銀行のキャッシングには、「クレジットカード」「カードローン」「フリーローン」の3種類があります。

キャッシングの仕組みや契約方式がそれぞれ異なるため、その違いについて知っておきましょう。

「クレジットカード」のキャッシングとは、クレジットカードのキャッシング枠を利用する借入方法です。

銀行が発行するクレジットカードには、ショッピング機能のほかに、一般的にキャッシュカード機能とキャッシング枠が備わっています。

クレジットカードの契約時にキャッシング枠の有無や限度額などを選択するので、キャッシングをするかもしれない人は「有り」を選んでください。

ただし、銀行のクレジットカードであっても銀行が提携するクレジットカード会社からの借り入れとなる場合が多いことは頭に入れておきましょう。

カードローンとフリーローンの違い

銀行のカードローンとフリーローンの違いは契約方式にあります。

「カードローン」「包括契約」を結びますが、「フリーローン」「個別契約」を結び融資を受けます。

包括契約と個別契約の違いは審査なしで追加融資を受けられるかどうかです。

「包括契約」は利用限度額内であれば審査なしに何度でも追加融資が受けられます。

また、カードローンは返済方法も都合に合わせて選択でき、コンビニATMなどでも取引可能です。

一方、「個別契約」は契約時に定めた金額を一括融資してもらったら完済するまで追加融資が受けられません。

完済して、また利用したい場合は、再度審査を受ける必要があります。

返済と借り入れを繰り返すことがなく取引が簡潔であるため、フリーローンの方が計画的に返済しやすいかもしれません。

しかし、一般的にフリーローンの方が審査は厳しくなっています。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングの基本は小口融資・一括返済

クレジットカードのキャッシングとカードローンの主な違いは限度額の大きさと返済方法でしょう。

クレジットカードのキャッシングは、利用限度額が数万円~数十万円と少ない小口融資です。

小口融資なので金利は比較的高い傾向にあります。

一般的な返済方式は翌月一括返済ですが、残高によって返済金額がスライドする「残高スライドリボルビング方式」も採用されています。

ただし、この方式は「元金定額」「元利定率」「元利定額」など複数の種類があり、銀行によってどれを採用しているかは異なります。

種類の違いはスライドされる部分の違いであり、返済金の元金・利息の割合に違いがあります。

契約時にはその違いも含めて判断した方が良いでしょう。

どのリボルビング方式であっても金利が高いキャッシングの場合は、借入金の元金がなかなか減らないというデメリットがあります。

一括返済がお得

キャッシングの返済には一括もしくはリボルビング方式が採用されています。この2つの返済方式でお得と言えるのは、断然一括返済でしょう。

一括返済をすると借入残金が残らないため、返済した時点で利息が発生しなくなります。しかも、返済時にATMやネットバンキングなどを使うとかかる手数料も1回の支払いで済みます。

このように、一括返済は借入元金以外の無駄な支払いを最小限に抑えることができますね。

そのため、まとまったお金が手元にあるのなら一括返済をおすすめします。

しかし、手元にお金が少ないにも関わらず無理に一括返済を選ぶのはやめましょう。

無理をした結果、また借入をして、逆に借金が増える可能性があるからです。

カードローンの基本は大口融資・分割払い

一括返済が難しい状況の人は、キャッシングではなくカードローンがおすすめです。

なぜなら、カードローンはキャッシングよりも金利が低く分割払いによる返済が一般的だからです。

借入金額にもよりますが、カードローンの方が毎月の返済額の負担を軽くできます。

ただし、利用限度額は数十万円~数百万円と高額であり限度額の範囲内であれば何度でも追加融資を受けられるため、借り過ぎてしまう人も少なくありません。

一方、リボルビング方式は借入が長期化するほど利息が膨らんでいく仕組みです。

利息ばかりを支払うことになり、元金がなかなか減らないというデメリットがあります。

さらに、ATMやネットバンキングの利用回数も多くなるため、手数料の総額も大きくなります。

銀行でキャッシングをするメリット

日銀の写真

他業者に比べて実質年率が低い

銀行のキャッシングを利用する大きなメリットは、一般的に実質年率が他の金融業者に比べて低いという点です。

実質年率が低いことは借り手にとっては有利といえます。

 

しかし、銀行によっては借入金額に応じて実質年率に変動幅をもたせているところもあるため注意が必要です。

 

特に銀行系キャッシングの場合は上限金利が採用されると、当初想定していた金利よりも高くなってしまう可能性もあります。

すると、一般的な消費者金融業者の金利と大差がなくなることも頭に入れておきましょう。

キャッシングを申し込む際には実質年率の変動幅にも注意を払ってください。

 

金利の低い「おまとめローン」を利用できる

実質年率の低いローンへの借り換えも総量規制の対象にはなりません。

複数の借り入れによって返済に負担を感じている人は「おまとめローン」を検討してみましょう。

「おまとめローン」とは複数の借入を1本化する金融商品で、総量規制の対象外である「実質年率の低いローンへの借り換え」にあたります。

 

ローンが複数あると各借入先にそれぞれ利息を払うことになるため、利息の支払いだけで高額になってしまいます。

おまとめローンに借り換えると利息による負担を軽減できるため、返済を早めることにも繋がります。

ただし、銀行系キャッシングのおまとめローンを利用した場合、新たに借り換えした分は総量規制の対象となります。

 

海外のキャッシングもある!クレジットカードで現地通貨を借りられる

銀行によっては、いつものクレジットカードを利用して海外ATMやCDから現地通貨を借り入れできる「海外キャッシュサービス」を行っています。

利用したお金はクレジットカードの支払いと同じく翌月一括払いが可能です。

 

キャッシングであるため金利は高くなりますが、一括払いで返済を済ませれば両替の手数料よりもお得に利用できる場合が多いです。

 

手順は簡単!暗証番号は忘れずに

海外キャッシュサービスはクレジットカードの暗証番号を覚えていれば、世界中で利用できます。

それぞれのクレジットカードで対応するATMやCDを探しましょう。

手順も難しくなく、銀行のキャッシュカードで現金を引き出すのと同じ要領で現地通貨を借りられます。

 

細心の注意を払ってトラブルを防ぐ

海外でカードを利用する際は、盗難やスキミング、不正利用などのトラブルに巻き込まれやすいといわれています。

安全な場所にあるATMやCDを使うよう心がけ、夜間の時間帯は利用を避けましょう。

 

海外のATMやCDはクレジットカードの取り出しが遅いと機械内に回収されてしまうこともあるため注意が必要です。

トラブルに巻き込まれた場合は、すぐに利用停止措置や再発行を依頼できるように緊急デスクの番号は必ず控えておいてください。

 

銀行のキャッシングを利用するデメリットは?

他の業者より比較的審査が厳しい

銀行のキャッシングは他の金融業者と比べて、審査が厳しいとされています。

比較的狭き門であるため、審査に不安を感じている人にとってはデメリットといえるでしょう。

 

審査では勤務先や勤続年数、雇用形態などの他、過去の金融取引が記録された信用情報をもとに申込者の返済能力を総合的に判断します。

さらに、継続的な収入があれば借入可能とされていても、銀行によっては年収制限が設けられていることがあります。

 

条件として明記していないため低年収の場合でも申し込みはできますが、審査で落ちる可能性は高いでしょう。

加えて、借入限度額が50万円を超えるキャッシングに申し込む際には収入証明書の提出が必要になります。

返済能力が低いとみなされると、借入限度額が50万円以下であっても収入証明書を求められることもあるようです。

 

銀行キャッシングは即日審査・即日融資不可

2018年1月から銀行キャッシングは審査がより厳格化され、銀行が扱うカードローンはすべて即日審査・即日融資ができなくなりました。

これはすぐに借入したい人にとって大きなデメリットです。

しかも、審査のスピードも申込者によって異なるため、不備があった場合などはさらに日数がかかることになります。

 

滞納すると法的措置をとられることがある

銀行はキャッシングの利用者が返済を怠ると、債務を履行させるように裁判所に申し立てることができます。

銀行は契約書や取引履歴などの管理を徹底しているため、法的措置が取られた場合、引くことはありません。

 

銀行に保管されている書類などをもとに調査が行われて判決で債務名義が確定すると、強制執行・差し押さえとなります。

もし督促状が届いてしまった場合は、借入先の銀行に返済の相談をするか弁護士や司法書士に相談しましょう。

 

クレジットカードのキャッシングとカードローンの使い分け方

2人は、クレジットカードのキャッシングとカードローンのどちらに興味がありますか?

 

私はクレジットカードのキャッシングかな。社会人になってクレジットカードも作ったし、カードローンより身近な感じがしてます

 

僕は銀行のカードローンが気になります

 

きれいに意見が分かれたね。クレジットカードのキャッシングとカードローンは、状況によって向き不向きがあるんだよ。

だから、申し込む前にどのように使い分けるべきかを知っておくことが大事だね

 

向き不向きかぁ~。具体的に教えてください

 

クレジットカードのキャッシングに向いているのは、借入額が少ない場合だよ。

たまに一括返済できるくらいの金額を借りる程度なら、わざわざカードローンに申し込む必要はないということだね

 

クレジットカードで一括返済できないくらいの額を借りるのはどうなんですか?

 

それはおすすめできないよ。クレジットカードのキャッシングはリボ払いもできるけれど、利息が高いというデメリットがあるからね。

長期的な返済には不向きだね。高額な借り入れをしたいなら、カードローンに申し込む方が良いでしょう

 

カードローンは借り入れが多い人向きってことですね

 

その通りだよ。利息が比較的に安いから、長期的に返済しようと考えているならカードローンだね。あとは、借り入れを繰り返しそうな場合に適しているね

 

社会人になってから予想外の出費で金欠になる月があって、そういう時に利用するならどちらがいいですか?

 

金欠の度合いにもよるけれど、急にお金が必要になることが多いならカードローンだね。

さきほど説明したように、キャッシング枠だと利息が高く、こまめにお金を借りてしまうとリボ払いの場合、返済が長引いてしまうよ。

そうなるとデメリットが大きくなるね

 

何となくじゃなくて、それぞれの特徴を理解して選ぶことが大事ですね。うまく使い分けられるようにもっと勉強します

 

 

銀行キャッシングの申し込みから返済の仕方まで

一般的にWEB申し込みが便利

銀行のキャッシングはインターネット・郵送・電話・店舗窓口など、さまざまな方法で申し込みができます。

 

その中でも特に便利なのがWEBからの申し込みです。

大手の銀行であれば、パソコン、スマホ、携帯電話、タブレットのほぼすべてに対応していると考えて良いでしょう。

さらに、一部の銀行ではiPhone・Android専用のアプリも提供しており、アプリから手軽に申し込みができます。

 

キャッシングの申し込みから借入までの流れは、銀行によって大きな違いはありません。

具体例の1つとして、以下にWEBからの申し込みの大まかな流れを書き出してみます。

 

①WEBサイトから申し込み

②仮審査

③本審査

④契約・融資開始

 

①申し込みフォームに入力・書類提出

最初に銀行のWEBサイトに用意されているキャッシング専用の申し込みフォームに必要事項を入力します。

続いて、免許証のコピーなど本人と証明できる確認書類を提出します。

 

 

書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、現住所が分かる書類(公共料金の領収書など)をもう1点用意しておきましょう。

その場合、現住所の情報がないと、虚偽の申告とみなされてしまい仮審査に落ちることもあるようです。

 

②簡単な仮審査が行われる

入力情報と本人確認用の必要書類によって仮審査が行われます。

仮審査は銀行が定めた審査基準を数値化して機械が自動的に判断をするような簡易的なものです。

 

③再度必要書類を提出・本審査

仮審査を通過すると本審査が行われます。

再度提出した必要書類の内容、個人信用情報、収入証明書などを総合的に見て、融資の可否が判断されます。

収入証明書となるのは、源泉徴収票・給与明細・確定申告書・住民税通知書のコピーなどです。

 

借入限度額が50万円以下のキャッシングの場合は、収入証明書の提出が省かれることもあります。

重要な個人情報にはマイナンバーが記載されていることがあるため、その際にはマイナンバーの箇所を隠すなど配慮しましょう。

 

銀行のキャッシングの場合は、銀行の審査に加えて保証会社による審査も行われます。

審査にかかる時間は人それぞれですが、最短で即日もしくは翌営業日には結果が分かります。

 

④来店不要で契約書・カードは郵送

仮審査・本審査を経て、ようやく契約を結びます。

銀行や消費者金融業者によって異なりますが、後日契約書やカードが郵送されて届きます。

また、WEB完結というサービスが提供されている場合は、郵送物が一切ありません。

 

その際は会員サービスにログインをして契約内容を確認します。

 

銀行キャッシングの借り入れ方法、ATMからの借り入れが便利で簡単

銀行キャッシングの借入方法は複数ありますが、多く利用されているのはATMでしょう。

銀行の店舗だけでなくコンビニなどにも設置されているので、とても便利です。

基本的な手順は画面に表示される指示に従い進めていきます。

 

分かりやすく、一般的なATMの操作手順を以下に書き出してみましょう。

 

①「お引き出し」を選択

②キャッシング用のカードを挿入

③証番号入力

④「お借り入れ」を選択

⑤希望する返済方法を選択

⑥希望額を入力

⑦カード・利用明細書・現金を受け取る

 

ネットバンキングなら場所・時間を選ばない

最近利用者が増加しているネットバンキングの場合は、パソコンやスマートフォン、携帯電話から借入の手続きが簡単に行えます。

思い立った時にどこからでも借入手続きができ、手続きが完了すると登録口座に振り込まれます。

 

また、振込手数料もかからないためお得です。

銀行によっては24時間即時に振り込んでもらえるため、急にお金が必要になった時に大変助かります。

ただし、事前に指定された会員サービスに登録しておくことが前提です。

 

銀行キャッシングの支払い方法

銀行キャッシングの返済方法は、口座振替が基本です。

毎月の約定返済日に指定の銀行口座から返済金が自動的に引き落とされる仕組みです。

約定返済日までに口座へ返済額を入金しておけば、払い忘れる心配がありません。

 

ATMから返済する場合は、約定返済日までに指定の銀行口座に返済金を振り込みます。

振込手数料は利用者負担ですが、借入先の銀行ATMを利用すると手数料無料で利用できます。

 

キャッシングの主な利用場所は?

キャッシングの借入・返済に利用する主な利用場所は、さまざまな場所に設置されたATMです。

ATMと一概に言っても、3つの種類に分けられます。

ATMの種類は、銀行のATM・借入先の銀行が提携している他行のATM・コンビニのATMです。

 

自行と他行を問わず、銀行のATMを利用できる時間帯は、ATMが設置されている銀行の営業時間となります。

銀行の自行のATMでは手数料がかかりませんが、他行やコンビニのATMでは時間帯によって108~216円の手数料が必要になります。

 

そのほか、ATM以外ではネットバンキングがあります。

 

キャッシングを利用する上での注意点

注意することイメージ画像

借入限度額を意識する

キャッシングを利用する上で常に気にかけておくべきことは借入限度額です。

銀行系のキャッシングは総量規制の対象であるため、利用者の年収の3分の1の金額しか借りることができません。

この場合は年収に見合った借入限度額が設定されています。

 

銀行キャッシングは総量規制の対象外ではありますが、近年は自主規制を行う銀行が増えています。

 

キャッシングの中でもカードローンは借入限度額内であれば何度でも追加融資が受けられるため、借り過ぎてしまう人も多いようです。

逆にそれを懸念して借入限度額を少なく設定すると、すぐに限度額に達してしまい不便になるケースもあります。

借入限度額の設定はバランスが大事だということです。何よりも、借入限度額以上の借り入れはできないことは頭に入れておきましょう。

 

ショッピング枠の使用状況が影響

クレジットカードのキャッシング枠を利用する場合は、ショッピング枠の使用状況によって借り入れできる上限金額が変化します。

なぜなら、キャッシング枠がショッピング枠に含まれているからです。

 

分かりやすく具体的な数字で説明しましょう。

例えば、ショッピング枠50万円、キャッシング枠20万円のクレジットカードがあるとします。

このクレジットカードで5万円のキャッシングをすると、ショッピングに使える金額は45万円になります。

逆に、このクレジットカードを使って40万円の買物をすると、キャッシングで借り入れできる金額は10万円に減ってしまいます。

 

きちんと返済計画を立てることが大切

キャッシングを利用する前には、必ず返済計画を立てておきましょう。

キャッシングは便利ですが、安易に大きな金額を借りてしまうと返済に苦労することになります。

リボルビング方式であっても、一度にまとまった額を返済することができます。

 

なるべく早めに返済することを想定したうえで、余裕を持って返すことのできる額を借りるようにすべきでしょう。

 

キャッシングを賢く利用する方法

キャッシングを賢く利用するためには、きちんとした返済計画を立てることが重要です。

キャッシングはカードローンに比べて金利が高いため、返済計画を誤ると利息ばかり支払うことになり返済期間が長引いてしまう可能性があります。

 

また、返済を遅延したり滞納したりすると信用情報が傷つくため気をつけましょう。

なるべく返済に時間をかけないように、キャッシングは一括払いもしくは短期で完済することをおすすめします。

 

実質年率・返済方式にも着目する

銀行のキャッシングを利用する際は、実質年率が低いものを選びましょう。

また、銀行や業者によって返済方式が異なることが多く、これによって月々の返済額や返済総額に違いが出てきます。

 

まとめ

銀行のキャッシングにはクレジットカードのキャッシング・カードローン・フリーローンの3種があり、利息や返済方式、借入限度額の大小など違いもさまざまです。

そのため、どれも「このキャッシングが一番だ」と言い切れるものではなく、利用者の用途によって最適なものを選ぶと捉えておきましょう。

 

また、銀行・消費者金融業者によってサービス内容も異なります。利便性の高い業者を選ぶようにすると、長い目で見て取引しやすく良い関係を築けるでしょう。

メリット・デメリットもすべて比較して総合的に判断し、自分に合った銀行のキャッシングを利用しましょう。

 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。