気付いたらリボ払いで借金地獄!?抜け出すためのリボ払い攻略法!!

リボ払いで借金地獄借金地獄になる前に返済方法を紹介します

「気づいたらクレジットの支払いが数十万円になっていた……」「毎月一定なんだからゆっくり返していけば大丈夫でしょ!」 

リボ払いってうまく使えばすごく便利なんですけど、注意点をしっかり理解して利用することが大事なんですよ!

もちろんみなさんクレジットカードを使って買い物をしすぎないよう普段から気を付けていることでしょう。

ただし、クレジットカードの返済方法には十分気をつけなくてはいけません。もちろん、リボ払いを便利に使えば毎月の負担を減らすことができるのですが。

そこで今回は、なぜリボ払いで損をしてしまうケースが発生するのか、リボ払いで借金を作らないためにはどうすればいいのかについて徹底的に解説していきます!それではさっそくまいりましょう。

リボ払いで借金地獄になる原因とは!

リボ払いで借金地獄におちいる人の多くは、リボ払いの特徴をしっかり理解していないから借金が増えてしまうのではないでしょうか。

しかしもともとお金を借りる人が便利に活用するための方法なのに、どうして借金地獄になってしまう方が存在するのか、原因を見ていきます。

返済手数料について深く考えなかったから

リボ払いによる返済は、手数料がかかります。

このリボ払いの手数料に注意しなくてはいけなくて、返済期間が長くなれば長くなるほど手数料がかかるという特徴があるんです。

では、実際リボ払いの手数料がどのくらいかかるのか、例をあげて見ていきましょう。

まずリボ払いの実質年率は15.0%と仮定します実質年率と難しく書いてあるのですが、ここは利息と同じものだと認識してもらえれば大丈夫です。

今回はたとえば10万円の買い物をして、リボ払いで1コースと2コース、2つのコースがあると仮定して手数料の違いをまとめてみました。

1コース(月々2,000円返済していくコース)の場合

返済しなければならないお金100,000円
毎月返済する額2,000円
お金をすべて返し終えるまでにかかる返済の回数79回
リボ払いにかかる手数料の合計57,843円
支払ったお金の合計157,843円

2コース(月々10,000円返済していくコース)の場合

返済しなければならないお金100,000円
毎月返済する額10,000円
お金をすべて返し終えるまでにかかる返済の回数11回
リボ払いにかかる手数料の合計7,497円
支払ったお金の合計107,497円


1コースのリボ払い手数料合計57,843円2コースのリボ払い手数料合計7,497円

2つのコースを比べると、リボ払い手数料に50,346円の差がでました。本来1コースは、月々2,000円返済していくコースになるので、かなり負担は少ないはず。

しかし返済が終わったころには、リボ払いの手数料だけで5万円以上も支払っていたことに気づくでしょう。

何も買っていないのに5万円……。そう考えると、損しているように感じるかもしれません。

ただ毎月返済する額が決まっているので、返済の計画自体は立てやすいはず。

返済無計画で、ひたすら完済するのを先延ばしにしすぎると、シミュレーションのように差が出てしまうというわけなんです。

つまり毎月一定額を返済するというところに甘えすぎないということがポイントになってきます。

毎月一定額返済というところに甘えすぎない

リボ払いは、上手に使えば毎月の返済の負担を軽くすることが可能です。だから多くの人が選んでいるわけですし。

しかし毎月同じ金額を返すリボ払いだと、商品などの支払いが重なってしまうケースがあるのです!

具体的にどういうことか、以下で単純計算していきましょう。たとえば、リボ払いで月々5,000円返していきます。

つまり5,000円の買い物をしたなら、リボ払いで月末に返せば完済となりますよね。

商品5,000円クレジットで購入したとしましょう。 で、リボ払い返済の5,000円コースに設定した。

そして月末に返済すれば済みますね。しかしもし10,000円買い物したのであれば、リボ払いで5,000円だけ返済になり、5,000円未返済分が残ってしまいます。

すべて返すためには、残りの5,000円を返さなければ返済が終わりません。したがって返済が終わるまでには、単純に計算すると2ヶ月かかるのです。

商品10,000円をクレジットで購入! リボ払い返済は5,000円コース 今月払ってもまだ5,000円残っている。

そして全部返すには2ヶ月かかる……。

2ヶ月間で無事に返済すればなんの問題もないんですが、万が一借金が完済する前にさらに買い物をしてしまったら、どんどん返済にかかる期間も長くなり油断していると借金が膨れ上がってしまいます。

残りがいつまで経っても返済されていないわけなので。

「また10,000円の商品が欲しくなる」

「でも今5,000円借金してる状態なんだけど……」

「まあでも別にリボ払いなら毎月5,000円返していけば問題ないし、いいか!買ってしまおう」

主婦や会社員、学生なども手軽に使えるようになったクレジットカード。リボ払いで毎月決まった額を返していけばいいのは、負担が少なく楽。

だから買い物欲に負けてどんどん新しく商品を買ってしまう。するとまるで風船がどんどん膨らんでいくように返済すべきお金が増えていきます。

そして気づいたときには、自分の力だけで返せなくなるくらいの金額の借金になってしまうケースがあるのです。

借金をきちんと返し終わっていなくても次の商品を買うことができる。

気にせず買い物を続けてしまうと、返済の計画が立てにくくなってしまうこともあるので注意しましょう。

そもそもリボ払いの手数料が高いっていうなら、リボ払いという返済方法を選ばなきゃいいじゃないか!となりますよね。

しかしクレジットカードのなかには「リボ払い専用カード」というものが存在します。

リボ払い専用カードとはいったい?

ではリボ払い専用カードについて、詳しく見ていきましょう。

リボ払い専用カードとは、簡単にいうと返済方法が「リボ払い」のみになるクレジットカードのことです。

知らないうちにリボ払い専用のクレジットを申し込んでいた。

なぜなら、リボ払い専用カードが普通のクレジットと見分けがつきにくいからです。

カードの見た目は正直ほとんど変わりません。

はっきり「リボ払い専用」って提示しているカード もあるけど……。

見た目では正直見分けづらい! もし自分がリボ払いを希望していないのなら、申し込む前に注意が必要です!

しかし、リボ払い専用カードはポイント還元率が高くお得にポイントが貯められるというメリットもあります。

なので使い方に注意すれば便利に使えるかもしれません。

カードの特徴を理解して使っていくことが、一番失敗が少ない方法といえるでしょう。

リボ払いで借金地獄になる前に返済する方法は?

リボ払いで借金地獄にならないためには、とにかく返済が遅れないようなんとか資金を手に入れるしかありません。

人からお金を借りてもトラブルの元となってしまうこともあるので……。

なるべく友人や知人に借りたくないのが本音ではないでしょうか?

借金が膨れ上がって借金地獄になる前に、返済を工夫する手段はちゃんとあります。

具体的にどういった方法があるのか、ご紹介します。

余裕があるときに追加で返す「繰り上げ返済」

リボ払いで毎月一定額を返していてるだけでは、完済するまで長くなりがちです。

支払いのたびに手数料もかかりますし、油断しているとどんどんお金がかかってしまいます。

回避するためには、支払いをできるだけ早く終わらせること!そうすれば余分なお金もかからない!ということが重要。

ここで繰り上げ返済の出番です!

繰り上げ返済は、お金に余裕のあるときに、リボ払いの返済金額に加えて追加でお金を返済することができる方法です。

というのも、エアコンの電気代や野菜の価格など、生活に必要な費用というのは月によって変動しています。

つまり、お金の余る月もあるはず……。

そんなとき、普段のリボ払いの額にしてプラスして払ってしまえば、その分早く返し終わります。

余裕があるときに返しておけば、後々の返済がグッと楽になると思いませんか?

ただ繰り上げ返済したいからといって「さらにお金を別の業者から借りる」のは禁物です!

 

リボ払い画像

どうしてもの場合は保険の解約金を返済にあてる

保険を契約している方に限定される方法ですが、解約するとお金が戻ってくる保険があります。

保険を解約して返ってきたお金を支払いの返済にあてるというのも、一応一つの手段ではあります。

解約したときに戻ってくるお金を解約返戻金かいやくへんれいきんといいます。

この解約返戻金を上手く活用する必要があるのですが、じつはどんな保険でも解約返戻金がもらえるわけではありませんので要注意です。

主に以下のような保険なら、お金が戻ってくる可能性があります。

解約返戻金対象保険

実際にどのくらいの金額が戻ってくるのかが気になるところだと思いますが、保険会社は、解約返戻金をしっかり計算して求めているのです。

なので戻ってくる額は、自分が契約している保険の内容や種類によりますが、実際ケースバイケース。

それに、実際保険に大幅に割り込んでいる場合もあるでしょう。 その場合は、簡単に保険を解約することもできませんし、保険を解約することで、なにかがあったときに守られるものがなくなるということにもなります。

そのため、あくまで保険解約金というのはどうしてもお金が必要だというときの最終手段だということを覚えておきましょう。

また、解約返戻金はすでに保険会社に払い込んでいる保険料を大きく下回るので注意が必要です。

しっかり適切な審査のうえ融資を受け、返済の計画をしっかり立てて利用するのなら、賢く利用することも可能です。

今よりもっと返済の負担を減らす?借り換えローンもひとつの手段

リボ払いの借金地獄を回避するための手段として、「借り換えローン」を行うのも手段の一つです。

では、借り換えローンとはどんなものなのか、見ていきましょう。

手数料が少しでも安いところに借り換える

借り換えローンとは、今使っているクレジット会社の利率が高いから、もっと金利が低いカード会社に乗り換えてしまうことです。

金利が今より安いクレジット会社に乗り換えれば、余分な手数料を省くことができ、返済の負担が少なくなるはず。

計算してたった数百円の差のどこがお得なの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、1年単位で計算するとなかなかあなどれない金額になりますよ!

申し込みは自体は簡単!しかし審査があることを忘れてはいけない

借り換えローンは、業者に申し込むだけなので手間はかかりません。とくにインターネットや郵便による申し込みを選択するとさらに手軽です。

ただ、借り換えローンを申し込んでも、審査に通らないと実際に借入はできません。

審査を通るためには、借り換え希望額が問題なく返済できる見込みがあるかが大事です!大元の借金は返せても借り換え先に返せないのでは意味がありませんからね……。

なのでお金の返済に困ったらとりあえず借り換えローン、という認識はいけませんよ!

まとめ

最後に本日のまとめをしておしまいにしたいと思います。リボ払いで借金地獄になるのは、計画なしにリボ払いを選択することが主な原因ではないでしょうか。

借金を増やさないためには、もっと金利が安いクレジット会社に乗り換えて返済するなどの方法が存在します。

一番は、お金を借りる前にはしっかり返済の計画を立てること。自分で無理なく返済できるようにリボ払いを利用することを、常に忘れてはいけません!

 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。