信販会社とは?事業内容とクレカ会社との違いをシンプルな言葉で解説

信販会社ってどんな会社?クレジットカード会社との違いは

「信販会社とはいったいなんの会社なのか?」

この記事では以下のことを解説していきます。

  • 信販会社がどんな会社なのか
  • 信販会社とクレジットカード会社の違い
  • 信販会社クレジットカード会社がクレカを発行する審査の違い
  • 信販系のおすすめクレカ情報

信販会社とは?

信販会社は簡単に説明するとこのような特徴がある会社のことです。

  • お金の信用を売っている会社
  • 信販会社の営業は割賦販売法

販売信用を保証している会社

信販会社は販売信用を保証している会社

信販会社は、販売信用を保証している会社です。

販売信用の例をあげますと、たとえばクレジットカードを使うとき、先に商品を受け取ってから後でカード会社に商品の代金を支払うとします。

すると店側が「このカード会社はうちの加盟店だ。このお客さんには商品後払いで売ってもカード会社がお金を払ってくれる!」と信用してお店が商品を売ってくれます。これが販売信用です。

つまり信販会社は「信用」という目に見えないものを売っている会社になります。

信販会社は割賦販売法によって営業している

信販会社は割賦販売法(かっぷはんばいほう)にのっとり営業しています。

割賦販売法とは、クレジットカードやカードローンの取引で、消費者を保護するための法律です。

消費者の利益を保護、商品の流通や提供を円滑にする目的で制定されたものになります。

そしてすべての信販会社は割賦販売法に基づいて「信用購入あっせん」の登録を受けて営業しています。

この信用購入のあっせんは

  1. クレジットカードで消費者が販売店から商品やサービスを購入する
  2. クレジット会社が代金を立て替える
  3. 後日消費者が代金をクレジット会社に支払う

以上の流れのことをいいます。

信販会社の営業形態はこのようになっていますが、実際にどういった事業をしているのか見ていきましょう。

信販会社が行っている事業

信販会社のなかでも代表的なのは、オリエントコーポレーション、ジャックス、セディナ、アプラスなどがあげられます。以前からいずれかの会社と関わっている方もいるかもしれません。

信販会社が行っているクレジットカード事情

クレジットカードもじつはその一つであり、たとえばオリエントコーポレーション、通称オリコではクレジットカード業の他にもオートローンも扱っています。

そのため信販会社は、ただ商品の購入時に代金を一時的に立て替える事業だけを行っているわけではありません。

  1. ギフトカード事業
  2. クレジットカード発行事業
  3. 一定期間、月々一定の金額で車を貸してくれるオートリース事業
  4. 目的別ローンやカードローンなどの融資事業
  5. チケット販売
  6. 買い物などのローン信販事業
  7. 信販会社が支払いを保証してくれる信用保証事業

信販会社によってどの事業を行っているかは違います。すべての信販会社が1~7の事業を行っているというわけではありません。

また信販会社は手広く事業を展開していますが、お金を預かる銀行事業は行っていないのです。

信販会社とクレジットカード会社は違う

信販会社とクレジットカード会社の違い

信販会社は、クレジットカード会社のように商品の代金を立て替える事業も行っていますが、クレジットカード会社とは違います。

この章では

  • 信販会社は主に信用販売を事業にしている
  • クレジットカード会社は主に販売信用の中の1つで、クレジットカードを事業にしている
  • 信販会社とクレジットカード会社は審査の速さが違う
  • 信販会社とクレジットカード会社に利益の出し方が似ている

以上のことを整理していきましょう。では信販会社とクレジットカード会社の利益の出し方の違いや扱っているシステムの違いを深く見ていきましょう。

信販会社が扱っているクレジットシステムは個別クレジット

信販会社が取り扱っているクレジットシステムは個別クレジットと呼ばれるものです。

個別クレジットは車や高額な家電、家のリフォームなど大きな買い物のときに使われます。

    1. 気になった家電を買うことを決意
    2. 家電販売店舗が信販会社に個別クレジットの申込書を提出
    3. 信販会社が訪問販売、電話勧誘販売などの特定契約がない家電で審査される
    4. 審査の結果が判明する。問題なければ契約成立
    5. 商品購入

クレジットカード会社が扱っているクレジットシステムは包括クレジット

クレジットカード会社はクレジットカードを発行してから、一定の利用限度額内で商品や買い物などサービスを買うことができます。

これを包括クレジットといいます。信販会社とクレジット会社には、クレジットシステムに違いがあるということです。

通常クレジットカードを使って買い物をすると、だいたい月末に1ヶ月分の支払い請求書が届きます。包括クレジットは信販会社の個別クレジットと違い、商品やサービスなどを買うときにとても便利で手間暇がかからないのが特徴です。

つまりクレジットカードを発行したときに、必ずクレジットカードを使う消費者の信用調査を行うため、利用できる限度額や期間を予め決めることができます。

クレジットカードの仕組みをもっと理解したいなら、別記事でクレジットカードの仕組みについて詳しく解説していますのでぜひ参考にしてみてください。

関連記事|みんなにメリットが!「信用」で回るクレジットカードの仕組み!

クレジットカードと信販の審査の速さの違い

信販会社とクレジットカード会社には、クレジットカード審査の速さに違いがあります。

一般的に信販会社が発行する「信販系」のクレジットカードは、申し込み後審査に1週間から2週間ほどかかるといわれています。

一方クレジットカード会社の審査は、会社によって違いがあり明確な日にちが設定されていません。

もちろん信販会社の審査も、個人の事情により変化するので、あくまで目安ととらえるようにしましょう。

クレジットカード会社と信販会社の利益の出し方は似ている

クレジットカード会社と信販会社は、どちらも「お店から手数料(カードの利用手数料)をもらうことで利益を出している」という部分が似ています。

クレジットカード会社と信販会社の利益の出し方

クレジットカード会社は消費者が加盟店でカードを利用したときに、加盟店がカード会社にカードの利用手数料を支払うことで利益になります。

また、分割払いやリボ払いの金利や利息とキャッシングの利息も利益に繋がっています。

一方信販会社はお店と提携を結ぶことで売り上げの何%かの手数料をもらうことができます。

そのため、お店の売り上げ手数料と消費者の分割支払い手数料が信販会社の利益になるのです。

これらのことから信販会社とクレジットカード会社の利益の出し方はどこなく似ていることが分かりますね。

しかし、信販会社とクレジットカード会社の違いを知るというよりも、具体的にどういった事業を行っているかを知ることが重要になります。

なにが信販系でなにがクレジットカード会社のものなのか、次は具体的な商品を見て理解を深めていきましょう。

信販会社が提供しているクレジットカード

実際に信販会社が提供しているクレジットカードで代表的なものをご紹介します。

  • オリコカード
  • ライフカード
  • ジャックスカード
  • VIASOカード

orico card THE POINT

オリコは「最強のポイントカード」をキャッチコピーに掲げて商品を提供しています。

お店でもネットショッピングでは使えば100円で1ポイントと高還元率のものが多いのが特徴です。

また、契約6ヶ月後には2%になる(100円で1ポイントが2ポイントになる)のも魅力的ですね。

ポイントの還元率は買うものや時期によって大きく変動するカードもありますが、安定して同じ還元率であるのが消費者にとってありがたいところです。

Orico Card THE POINT

ポイント還元率

1.00%~2.00%

付けられるブランド

JCB、マスターカード

年会費

無料

※2019年2月時点

orico card THE POINTの詳細を見る

ライフカード

2000年ごろに「どうする俺?」というCMが流行したライフカード。

「続きはウェブで!」というCMは当時斬新だったので覚えている方も多いのではないでしょうか?

ライフカードの特徴はポイント還元率がどんどん変化していくところです。登録初年度は、ポイントが1.5倍になりポイントを多く集めることができます。

そして年間の利用額50万円以下なら、レギュラーステージとなり100円につき0.5%の還元率になります。

ただ、年間200万円のプレミアムステージなるとポイントが2倍(1.0%)となるのです。

そのためなにかとクレジットカードを利用する機会が多い方にマッチしたカードです。

さらにライフカードには、誕生月にクレジットカードを利用するとポイントが3倍になるというサービスがあります。

カードの発行も、申し込みから最短3営業日と短くなっている点も魅力です。

ライフカード

ポイント還元率

0.5~1.5%

付けられるブランド

VISA、マスターカード、JCB

年会費

無料

※2019年8月時点

ライフカード詳細

ジャックス REX CARD

ネットショッピングで高い還元率を誇るのがジャックス REX CARDです。Jaccsモール経由で買い物をした場合最大で1.75%のポイント還元率になる特徴があります。

ネットショッピング以外でも最高1.25%の還元率となり、お買い物全般が好きな方にお勧めなカードですね。

また、ジャックスカードは全国のゴルフ場やホテルなどの優待や割引も付いているのが魅力です。

旅行道具をREX CARDで買って宿泊先のホテルで優待割引を受けるというのも面白い使い方ですね。

ジャックス REX CARD

ポイント還元率

1.25~1.50%

付けられるブランド

VISA

年会費

無料

※2019年8月時点

ジャックス REX CARD詳細

VIASO

三菱UFJニコスの VIASOカードは最短翌営業日発行というスピードが自慢のカードです。

貯まったポイントはオートキャッシュバックされ、1年間に貯まったポイントが1,000ポイント以上あれば、翌年のポイント還元対象月にキャッシュバックされます。

ポイントって貯めるのが楽しくなる、VIASOカードはそんなクレジットカードとなっています。

これなら慌てて使ったり、ポイントが失効して悔しい思いをしなくて済むのでおすすめです。

三菱UFJニコス VIASOカード

ポイント還元率

0.5~1.00%

付けられるブランド

マスターカード

年会費

無料

クレジットカードは買い物するのに便利なカードです。

また、買い物するだけではなくクレジットカードを使い現金を借りるキャッシング機能もあります。

VIASOカード詳細

まとめ

信販会社は信販事業を行っている会社、クレジットカード会社はクレジットカードを事業を中心に行っている会社ということがまとめられます。

ただし、実際は会社によって担っている業務の範囲が違うため明確な違いはなくなってきているというのが答えです。

今回のまとめとしてクレジットカード会社と信販会社の特徴を総括してみましょう。

  • 信販会社は「お金を信用で売っている会社」
  • 後払いというシステムを事業にした
  • 主な信販会社はジャックス、セディナなど
  • 信販会社は割賦販売法という法律にのっとり営業している
  • 事業内容はギフトカード、クレジットカード発行など

関連記事|良いクレジットヒストリーの築き方とは?一から学べるクレヒスの仕組み

ジャックスカードの特徴|知らなきゃ損するポイントの貯め方をご紹介!

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。