お金を貯める秘訣は「時間の管理」!角田和将さんから学ぶ節約ゼロの貯金術!

速読コーチ角田和将

Exイントレ協会 代表理事を務め、速読日本一の実績をほこる角田和将さん。速読のスキルを活かし、物事の時間の量と質を変えることの大切さをかかげ、2017年に「節約ゼロ」で毎月3万円貯まる! 貯金ドリルを執筆しました。

本書には「お金が貯まる体質」になるための取るべき行動や、支出を上手く減らす方法と効果的に収入を増やす方法がたくさん掲載されています。

そこで今回は、お金の教本運営スタッフが本書を拝読させていただき今後の節約に役立つ知識をケーススタディとして教えていただき、角田さんのルーツに迫ってみました。


「節約ゼロ」で毎月3万円貯まる! 貯金ドリル
>

―― 上手なお金の管理方法を身に付けるために普段から実践していることはありますか?

角田さん(以下敬称略):積極的に意識してやっていることはないのですが、強いて挙げるならば毎月クレジットカード利用明細と銀行口座の入出金明細をチェックしていることでしょうか?

このとき見るポイントは「固定費の金額」と「支出に対するリターン」です。固定費は自分の収入が増えようが減ろうが関係なく支出として出ていく金額になります。

そのため、固定費の金額が大きくなるほどお金に対する悩みや不安は大きくなることから、「もっと良い代替サービスはないか?」を確認する意味で見ています。

また利用明細を見て、お金を使ったものに対して「結果どうだったか?」を振り返るようにしています。

とくにクレジットカードは実際に物を買ってしばらく使った後に明細が確認できるので、お金の使い方が自分の期待した結果を満たしているか、確認するタイミングとしてちょうどいいんですね。

このように振り返ることでお金の使い方に対する練習はしていると思います。

なるほど、クレカで支出をまとめるだけじゃなく、しっかり結果を振り返ることを習慣としているのですね。結果を知り悪いところを直していく、こういった基礎的な部分が大事なんだと改めて理解しました。

――時間の使い方をもっとうまくなるために勉強してきたことはなんですか?具体的な書籍があればぜひ教えていただきたいです。

角田:正直、時間の使い方に対して勉強してきたという意識はまったくないんですよね。おそらく会社員時代に「コスト削減!効率化!」ばかりいわれてきた影響だと思っています(笑)。

会社員時代、私はシステムエンジニアをやっていたのですが、システムサービスの原価はほぼ人件費、つまり時間になるので、自然と時間の使い方に対して敏感になったのだと思います。

――なるほど、角田さんの職歴も活かされているんですね!では私が今すぐ時間管理を勉強するならどのような方法がありますか?おすすめの書籍などがあればぜひ教えてください。

書籍で「時間管理に対して影響があったなあ…」と思っている本は『週4時間だけ働く』と『7つの習慣』の2冊ですね。

『週4時間だけ働く』で、バーチャルアシスタントを雇いながら作業を分散して、自由な時間をつくる考え方を知りました。

ただシステム業界は情報管理に厳しく、アシスタントを雇うことはできなかったので、私の場合はできるだけシステムに作業させる意識を持つようになりました。

『7つの習慣』は、何に時間を使えばいいのか明確にする考え方が、今でも私にとっての土台となっています。時間の使い方が有効なのか、無駄なのかを判断する軸の作り方を知る意味で、必読書だと思っています。

たしかに、自分の行動が有効なのか無駄なのかを知るためには、とにかくたくさんの「行動」を参考にして失敗と成功を繰り返していくのが大事ですよね。そのうえで自分だけの成功法を見出していく。今後も色んな書籍や意見を参考にしていきたいです。


「週4時間」だけ働く。


完訳 7つの習慣 人格主義の回復

――本書に掲載されている貯金術は、速読のスキルを経てたどり着いたところだと思います。そもそも角田さんが速読から多方面に展開しようと思ったきっかけはなんですか?

角田:いやいや、実は逆でして、お金の勉強が起点となって多方面に展開しているんです。元々はお金の勉強をしたいと思っていたとき、勉強する時間が全然なく、悩んでいたところでたまたまテレビで速読の特集を見かけて速読教室に通いはじめました。

なので速読を学んでいるときも、「速読日本一になりたい!」なんて思いはまったくなくて、むしろ「もっと金融リテラシー上げていかないと」の思いのほうが強かったです。

――そうなんですか!? 個人的に速読は、そろばんや暗算のような競技だと思っていたのでアスリートのような意識で臨んでいたのかと・・・。

でも書籍を出すまで視野を広げたのはどういうきっかけがあったのでしょうか?多方面に展開という意味では、出版も自分で「速読の本を出したい!」と思ったのではなく、たまたま友人つながりで「本出したほうがいい」と言われたことでした。

速読がインプットの世界ならば出版でアウトプットの世界にチャレンジしてみるのもいいかなと思ったのがきっかけで始めました。

このような感じで、私が多方面に展開しているものは基本、自分の周りの影響で広がったものだと考えていただいていいと思います(笑)。

速読のきっかけがお金だったのは意外でした。個人的に速読はそろばんや暗算のような競技だと思っていたので。この答えから察するに、角田さんの行動は全て効率化のために動いているように思えます。

――クレカは借金という考え方も根強く、使いすぎるのを怖がって嫌がる方も少なからずいると思いますが、クレカ以外にお金を管理できるいい手はないでしょうか?

角田:クレジットカード以外にもデビットカードで支払いをすると、銀行口座の通帳に利用明細が載るので、クレジットカードに抵抗がある場合はこちらを利用するのもいいでしょう。

使いすぎに不安があるならば、プリペイド(前払い)式カードでも利用明細が出せるものはあります。いずれにしても、お金の管理は「自分の手間をかけずにやる」ことが重要です。

書籍でも家計簿は続かない、と記述がありましたがたしかに面倒なことはよほどまめじゃないと続かないですよね。クレカも一つの手段で、他の方法も模索して最善の手段を見つけたいです。

――出かける前にあらかじめいくお店を決めておくのはとてもためになりました。しかしどうしても急にフラッと良いお店に入ってしまうことがあるのですが、なにかよい対策はありますか?

角田:たまたま見かけたお店に入ること自体は問題ありません。問題なのは、雰囲気に流されてすぐにお金を使うことなのです。お金を使うときの重要なポイントの一つは「一歩間を置く」ことですね。

もしそのお店がネットショップを開いていたら、ネットショップ上のカートに一度入れておきます。そして家に戻って、本当に必要だと思ったならば、そこではじめて購入するのです。

もしネットショップではなく、そのお店で購入することに意味がある場合、たとえばその店舗の売上に貢献したい等の理由がある場合は、取り置きをお願いして後日改めて購入します。

このように、購入前に一歩間を置いて、冷静に考える時間を設けることで、感情に流された無駄遣いを防ぐことができます。

投資トレードでもそうですが、衝動的に買ったものが優れたコスパを発揮する確率は低いと思います。たしかに、これいいな!って思って悩まず買ったものってだいたい使わなくなります・・・。

ネットショップのカートに入れて一時保管しておくのはすごく有効な方法だと思いました。これから物を買う前は「1秒」考えることを大事にしていきます。

まとめ

角田さんの書籍を読んで色々なお話を聞くと、無駄なことを省くというより、無駄な時間を省くのが大事という印象を受けました。お金の管理が楽になればそれだけ心に余裕ができ、衝動買いをする前に踏みとどまる気持ちが芽生えやすくなりますね。

また、「節約ゼロ」で毎月3万円貯まる! 貯金ドリルではその他にもお金の流れを知るために役立つ情報が満載です。投資についても触れているので、資産を増やそうと思っている方も役立てることができますよ 。


「節約ゼロ」で毎月3万円貯まる! 貯金ドリル

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。