セキュリティコードはクレカを不正利用から守るネットの防護壁です!

キャッシング_セキュリティコード

インターネットで買い物をするときには商品購入ページで支払い方法を選択し、必要事項を入力しますよね。

クレジットカードで支払う場合は、クレジットカードの番号を入力するのと同時に、別の番号の入力を求められます。

 

大体3桁か4桁くらいの番号なんですが、インターネットでクレジットカード払いをするときにどうして3桁や4桁の番号の入力が求められるのか知っていますか?

入力を求められるたった34桁の数字には、クレジットカードをインターネット上で使うための重要な役割が秘められているんです!

 

セキュリティコードと呼ばれるこの3桁か4桁の数字は、じつはクレジットカードそのものに書かれています。

 

 

今回のコラムでは経済評論家であるわたくし湯銭孝志ゆぜにたかしが、そんなクレジットカードに書かれているセキュリティコードの重要性をしっかりと解説していきます!

 

セキュリティコードは、インターネット上でクレジットカードを安全に使うために必要なものです。

セキュリティコードとはどんなものなのか、どうやって使うのかを一緒に見ていきましょう!

 

 

ネットでクレカを使うときの強い味方!?セキュリティコードはこういうものです

クレジットカードを持っていらっしゃるのでしたら、まずは手元にあるクレジットカードを見てもらうと分かりやすいかもしれません。

クレジットカードの裏面に、こんな感じの数字が書いてありませんか?

クレジットカードに書いてある3桁か4桁の数字が、セキュリティコードと呼ばれるものです。

 

セキュリティコードは、インターネットを使って買い物するときに入力を求められます。

あとは持っているクレジットカード会社の自分のページを確認したいときにも求められますね。

3桁か4桁の数字を入力することで、クレジットカードが持ち主の手元にあるかどうかを判断しているんですよ。

 

セキュリティコードは、ほとんどがカードの裏面にある署名欄の端っこの方に書かれています。

セキュリティコードの書かれている場所は、各国際ブランドでこんな感じにわかれていますよ。

 

・カードの裏面……VISA、MasterCard、JCB、Diners

・カードの表面……アメリカンエキスプレス

 

VISA、MasterCard、JCB、Dinersではセキュリティコードが署名欄の右上に書かれています。

たくさんの数字が書かれていますが、そのうちの右端3桁がセキュリティコードです。

一方アメリカンエキスプレスが発行しているクレジットカードには、カードの表面に4桁の数字で印刷されているので確認してみてくださいね。

 

 

このようにクレジットカードそのものにセキュリティコードは印刷されています。

しかし、なぜセキュリティコードはクレジットカードそのものに印刷されているのでしょうか?

 

その謎に行く前に、セキュリティコードが各国際ブランドでどう呼ばれているのか見ていきましょう。

 

 

CVV?CVC?これってセキュリティコードなの?

あなたがVISAやMasterCardのサイトでクレジットカードについて調べていたとき、CVVとかCVCとかの文字が出てきませんでしたか?

 

「CVV」や「CVC」は、VISAやMasterCardで使われているセキュリティコードの名称です。

正式名称は以下のようになっています。

 

・VISA……Card Verification Value(略してCVV

・MasterCard……Card Verification Code(略してCVC

 

アメリカンエキスプレスだと、Card Identification Number(略してCID)と呼ばれていますよ。

国際ブランドによって、セキュリティコードはいろいろな呼ばれ方をしているんですねぇ……。

 

JCBとDinersに関してはブランドで決まったセキュリティコードの呼ばれ方はありません。

一般的なセキュリティコードという名称を使用しているので、分かりやすいかもしれませんね。

 

 

付いている名称が違っても、セキュリティコードであることに変わりはありません。

あなたが使っているクレジットカードのブランドではセキュリティコードがどう呼ばれているのか、覚えておくとどれがセキュリティコードなのか迷うことも少なくなりますよ。

 

 

セキュリティコードの仕組みはじつは簡単

スキミング

 

セキュリティコードは、クレジットカードそのものに印刷されています。

じつはセキュリティコードはクレジットカードの表面に印刷されているだけで、データとして磁気ストライプやICチップに組み込まれていません。

クレジットカードのなかにばかり大切な情報を入れておくと、クレジットカードの情報を盗まれたときに勝手に使われる可能性が高くなるからです。

 

セキュリティコードが使われるようになった背景には、クレジットカードのスキミング被害があります。

クレジットカードの磁気ストライプやICチップには多くの個人情報が入っているのですが、特殊な機械を使ってスキミングするとクレジットカードの個人情報を取り出すことができるのです。

盗まれた情報を使って偽造カードを作って、勝手に買い物をされてしまうことがないようにセキュリティコードが作られたんですね。

 

クレジットカードから個人情報が盗まれても、セキュリティコードがあれば勝手に使われるリスクも低くなります。

セキュリティコードはクレジットカードそのものに印刷されているだけ、データとしてクレジットカードのなかにはないのですから。

データ化されていない情報を用意することで、格段にセキュリティ面がアップするってことですね。

ようは勝手にクレジットカードを使うために突破しなければいけない壁を1つ作ったってことです。

 

しかし、作ったはずの壁がもろくも崩れ去ってしまうこともあるのです……。

 

 

セキュリティコードだけではセキュリティ対策は不十分

セキュリティコードはクレジットカードのなかに入っている情報を盗み取るスキミング行為に対しての効果は絶大でした。

しかし、どうしても勝手にクレジットカードを使ってやろうという人は出てくるんですねぇ……しぶとくセキュリティコードの情報まで盗み取る方法を作ってしまったんです。

 

インターネットに餌として作られた偽サイトに入力した個人情報を盗み取るフィッシング詐欺にかかってしまうと、セキュリティコードの情報もあっという間に盗まれてしまいます。

自分で情報を入力しているので、情報の流出を防ぎようがないんですよね。

 

また、知り合いだから、家族だからとあなたのセキュリティコードを教えてしまうのも危険です。

セキュリティコードはクレジットカードを安全に使うための砦のようなものだと考えて、決してあなた以外の人には教えないようにしてくださいね。

 

また、セキュリティカードの番号を忘れないようにとメモ書きなどで数字を書き残しておくのもやめておきましょう。

メモを落としたりしたら大変ですよ。

 

 

クレジットカードの不正使用を防ぐために作られたセキュリティカードですが、情報を盗む側も知恵を付けているようで完全に防ぐことができなくなってきています。

そんなときに生まれたのが3Dセキュアというセキュリティサービスです。

 

次の章では3Dセキュアについて詳しくご紹介します!

 

クレカのセキュリティを上げるためには3Dセキュアが有効です

3Dセキュア

 

この章でご紹介する3Dセキュアは、クレジットカードを使ってより安全に買い物をしてもらうために作りだされた本人認証サービスのことです。

インターネット上で支払い情報を入力するときに、あなたしか知らないパスワードなどをクレジットカードの情報とは別に入力することでクレジットカードの不正使用を防ぐようになっています。

 

流れとしてはこんな感じですね。

 

3Dセキュアの仕組み

 

3Dセキュアをセキュリティコードと併用することで第2の壁を出現させ、守りを強固にできるってわけです。

 

3Dセキュアは事前登録をしておくと使えるようになります。

国際ブランドではなく、クレジットカードを発行している会社で登録することになっているのでお間違えなきよう。

 

ちなみに3Dセキュアも、セキュリティコードと同じく各国際ブランドによって呼び方が違っています。

 

・VISA…VISA認証サービス

・MasterCard……Mastercard SecureCode

・JCB……J/Secure

・アメリカンエキスプレス……American Express SafeKey

 

以上のような感じですね。

呼び方が違うだけで、入力手順はほとんど変わらないので安心してください。

 

 

ただし注意しておいて欲しいのが、国際ブランドが付いているクレジットカードすべてが3Dセキュアに対応しているわけではないということ。

クレジットカード発行会社によっては3Dセキュアに対応していないこともあるので、クレジットカードを作る時に事前に確認することをおすすめします!

 

 

3Dセキュアに対応しているおすすめクレカを紹介します

ネットショッピング

 

それでは実際に普段の生活で使いやすい3Dセキュアに対応したクレジットカードを紹介していきましょう。

 

楽天カード

インターネットショッピングするのであれば、やはり1枚は持っておきたいのが楽天カードではないでしょうか。

年会費が永年無料で、クレジットカード利用の特典に当たる楽天ポイントが貯めやすいのが特徴です。

とくに、インターネットショッピングモールである楽天市場で買い物をするとポイントが貯めやすくなっています。

楽天市場では買い物するごとに100円で1ポイント貯まるのですが、楽天カードを使用することで通常の2倍に当たる100円で2ポイント貯めることができるようになるんです!

さらにポイントアップキャンペーンという更に多くのポイントを貯められる企画も多く開催されているのが楽天カードの特徴ですね。

 

楽天カードの国際ブランドはVISA、MasterCard、JCBがあります。

どの国際ブランドも3Dセキュアに対応しているので心強いはず!

楽天e-NAVIから3Dセキュア利用の手続きをして、安心して楽天市場で買い物をしてくださいね。

 

楽天カード公式

 

VIASOカード

三菱UFJニコスが発行するVIASOカードも、ネットショッピングでお得に使えるクレジットカードとして知られています。

 

商品や金券などと交換するときに重要なポイント還元率が、通常では0.5%と低めに設定されています。

それがVIASOカードのポイントUPモールであるVIASO eショップを通して買い物をすると、最大10%ものポイントが貯められるようになっているんです!

 

さらに嬉しいのが、VIASOカードには最高2,000万円の海外旅行傷害保険サービスがついている点。

VIASOカードの国際ブランドはMasterCardなので、世界各国ほとんどの国で買い物するときに使うことができますよ。

 

もちろんVIASOカードも3Dセキュアに対応しています。

VIASOカードの3Dセキュアは、三菱UFJニコスのWeb会員サービスである「Net Branch」に登録することで使用できるようになります。

VIASOカードにオンライン申し込みすると自動的に「Net Branch」に登録になるので安心ですね。

 

VIASOカード公式

 

Yahoo!JAPANカード

インターネトショッピングの大手サイト、「Yahoo!ショッピング」で買い物するときに大活躍するクレジットカードがYahooJAPANカードです。

 

Yahoo!ショッピングLOHACOで買い物をするときにYahoo!JAPANカードを使うと、毎回通常の3倍のTポイントを貯めることができます。

また、「Yahoo!プレミアム」に登録することでさらに5倍のTポイントを貯めることも可能なんですよ。

月額462円(税抜き)が別途かかりますが、登録しておくとお得にポイントを貯めていけますよね。

 

また、Yahoo!JAPANカードは通常のTポイントカードとしても使えますので、普段使いに1枚持っておくと使い勝手がいいですよ。

コンビニやレンタルDVDなど、いろいろなところでTポイントは貯められますし、使えますから。

ほかにも、ヤフオクで落札した商品の支払いをYahoo!JapanカードでしてもTポイントを貯められます。

 

また、購入来た商品の破損・盗難などを補償してくれるショッピングガード保険や、月額490円(税抜き)で18種類もの補償を付けられる「プラチナ補償」サービスがYahoo!Japanカードに付いているのも嬉しいですね。

 

Yahoo!Japanカードのプラチナ補償の種類

修理保証

破損補償

宅配郵送事故補償

盗難補償

返品補償

携帯電話水漏れ・全損補償

交通トラブルお見舞い

電子デバイス災害補償

射場荒らし被害補償

自転車事故賠償責任補償

お悔み帰省お見舞い

旅行・イベントキャンセル補償

海外旅行けが・病気お見舞い

海外旅行持ち物損害補償

海外旅行思わぬ出費補償

なりすまし賠償責任補償

ネット売買トラブルお見舞い

個人情報漏えい過失責任補償

 

 

 

Yahoo!JapanカードはVISA、MasterCard、JCBの3つの国際ブランドに対応しているので、それぞれの3Dセキュアを利用することができます。

事前にセキュリティ面を強化でき、尚かつ不正利用されてしまったときの補償も万全なのがとても心強いのではないでしょうか。

 

Yahoo!Japanカード公式

 

 

 

セキュリティ―コードや3Dセキュアが強みを発揮するのはネットショッピングをするときです。

 

今回はお得にネットショッピングができるクレジットカードを中心に紹介させていただきました。

セキュリティコードや3Dセキュアを活用して、安全にネットショッピングを楽しんでくださいね!

 

 

まとめ

クレジットカードには、じつはたくさんの情報が詰まっています。

現金がなくても買い物ができるように、あなたの個人情報をデータ化してクレジットカードのなかに入れているんですね。

逆をいえば、クレジットカードのなかにある情報が手に入ってしまえばほかの人間でもあなたのクレジットカード情報を使って買い物ができてしまうんですよ。

 

 

インターネット上で買い物をする場合、頼りになるのはあなたが入力するクレジットカード情報のみになります。

 

クレジットカードの不正利用を防ぐために生まれたセキュリティコードのことをしっかりと知って、安全にインターネットでの買い物を楽しんでください。

新たなインターネット上でのセキュリティ対策である3Dセキュアを同時に使うと、さらに安心して買い物することができますよ!

 

 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。