セブン銀行カードローンを活用!増額の条件や申し込み方法

セブン銀行カードローンで増額したい!増額のタイミングや審査について

ATMサービスを主体とするセブン銀行から発行されているカードローンは、他社のカードローンと比較すると限度額が低めに設定されているため、少しだけ借り入れをしたいという人にぴったりなんです。

しかし、「もう少しお金を借りられたら…」と思うこともあるのではないでしょうか?

そういったときには、限度額を増やすことができるのです。増額することで、金利が下がったり借り入れたお金を幅広い用途に利用できたりとメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

増額にあたり必要な条件や適切なタイミング、増額審査の基本など、セブン銀行カードローンの増額に関する情報を知ることで、正しくりようすることができるのではないでしょうか?

今回は、セブン銀行カードローンの増額について詳しく解説いたしますので、すでにセブン銀行のカードローンを利用している人は、ぜひ読んでみてくださいね。

セブン銀行カードローンで増額できる条件とは?

セブン銀行カードローンは、10万円、30万円、50万円のいずれかから利用限度額を選びその範囲内で自由に借り入れができるようになっています。

そのため、最初に10万円を利用限度額として契約したけれど「もう少し多い金額を借り入れしたい」と感じれば、30万円か50万円のどちらかに増額することができるのです。

増額するには、増額申請をセブン銀行のダイレクトバンキングサービスからおこなう必要があります。

その際、新規契約から2カ月以上経過していることが増額できる条件です。

限度額はいくらになる?

2018年3月18日までは70万円もしくは100万円まで増額することが可能でしたが、それ以降は70万円と100万円の増額申し込み受付が終了しているため注意が必要です。

希望通りには増額できないこともある

増額申請すると、新たに審査がおこなわれます。

その審査結果によって増額できるかどうかが決まるため、申請したからといって希望額まで必ず増額されるとは限りません。

審査はどんな会社がしているの?

セブン銀行の審査は、消費者金融のアコムに委託しています。

アコムは保証会社となるので、利用者が借りたお金を返済しなければその肩代わりとして、セブン銀行にお金を払う義務があります。

このような状態を避けるためには、アコムは増額申請をしてもしっかり返済していけるのかを審査で見極める必要があるのです。

そのため、審査によって増額が認められなかったり、50万円への増額を希望したのに30万円までしか増額できなかったりと希望通りにいかないこともあるというわけなんです。

たとえば、借り入れ希望額に対してあまりにも年収が低い場合、いくら銀行カードローンが総量規制の対象外であるからといっても審査に落ちてしまう可能性があります。

とくに、年収が100万円を下回っている場合や、学生など職業によっては希望通りの増額がむずかしいケースがあるのです。

また、他社からの借り入れがすでに多い場合も希望が通らない可能性があります。

まずは年収を上げる方法を考えたり、他社のローン返済を目指したりすることが大切ですね。

増額すると金利は減る?

セブン銀行カードローンの金利は、利用限度額が10万円でも30万円でも50万円でも年15%と一律です。

この金利を使って日割り計算をする元加方式を採用して利息を出しています。

元加とは、利息を支払い残高に組み込むことです。

前月の返済日もしくは新規に借り入れをした日から、今月の返済日前日までに発生した利息を日割り計算し、支払い残高に組み込みます。

毎月の返済日には、この利息が組み込まれた支払い残高に応じた返済額が設定されるのです。

増額のタイミングとしてベストなのは?

カードローンを使い始めてしばらくすると、セブン銀行から増額の案内がくる場合があります。

このとき、セブン銀行側は、この人なら増額が可能だろうと判断したうえで案内を送っているため、このタイミングで申請すれば増額されやすいです。

セブン銀行側が増額を勧めてくる基準ははっきりとはわかりませんが、たとえばそれまで返済遅延がない人や、借り入れ利用を随時している人など優良な利用実績を積んでおくことは増額を勧める理由になるでしょう。

また、少なくても1年以上の返済実績を積んでいることも、増額を勧める基準となることが多いようです。

もちろんこちらから増額を申し込むこともできます。

セブン銀行のカードローンを使い始めて少なくとも半年以上は経過している必要があります。

とくに、1年以上返済遅延がない状態だと信用実績が積まれており、増額申請を通過する可能性が高くなる傾向です。

すぐに増額したくても、利用開始から1カ月ほどで申請ということはやめましょう。

また、属性が有利になったときも増額申請のタイミングとしてぴったりです。

属性とは、契約時に申告した個人情報をさし、利用限度額を設定する際に判断材料として使われています。

収入が上がったり、持ち家を購入したりと、属性が有利になるような変更があれば、増額申請をしてみるとよいのではないでしょうか?

増額審査に必要な書類

増額審査を申し込む際には、本人確認書類が必要です。

申し込みはすべてweb上でできるため、本人確認書類も画像アップロードにて提出となります。

名前や生年月日と住所が違う面に記載されている書類を提出するときには、両方の面の画像をアップロードする必要がありますので注意しましょう。

なお、証明書の提出は必要ありません。

増額審査の申し込み方法

セブン銀行のカードローンは、ダイレクトバンキングサービスから申し込みをおこないます。

増額申請をすると、新規申し込みと同じように審査があり、増額できるかどうかを判断するのです。

増額審査は自分から申し込むこともできますが、返済をするときにセブン銀行のATM画面上で増額の案内がくることもあります。

まずは個人情報を入力し、希望の利用限度額を選択します。

利用限度額は10万円、30万円、50万円の3つからのみ選んでください。

次に本人確認書類を画像でアップロードします。

本人確認書類は、入力した個人情報と同じ名前や生年月日、住所が記載されたものが必要です。

運転免許証やパスポート、健康保険証などが対象となります。

すべて有効期限内かどうか確認したうえでアップロードしましょう。

本人確認書類のアップロードが終われば、増額申請の手続きは終了です。

その後、セブン銀行と保証会社であるアコムの審査が始まります。

審査結果によっては、希望額から減額されたり申し込みを断られたりすることもあるかもしれません。

登録しているメールアドレスに審査結果が届き、その後、契約手続き完了のお知らせが再びメールで届くと増額した限度額内での借り入れが可能になります。

増額審査のスピードは?

審査にかかる時間は、申し込み内容によって前後しますが30分程度です。

すぐに限度額を増やして現金化したい人にはぴったりといえるのではないでしょうか?

増額審査に在籍確認はあるの?

ローンを申し込む時点で在籍確認をおこないますが、場合によっては再度在籍確認の連絡がかかってくるかもしれません。

たとえば、転勤や転職が原因で年収が大きく変化した場合です。

とくに、勤務先が変わった場合は在籍確認の電話がかかってくる可能性が高くなります。

増額の審査では何をチェックされる?

増額審査を受ける場合、セブン銀行カードローンを少しでも長期間利用しておいた方がよいでしょう。

利用規約上では新規申し込みから2カ月以上となっていますが、1回以上は必ずカードの返済をして実績を積んでおくとよいですよ。

さらに利用期間が半年から1年以上あればより理想的です。

また、申し込み者に「返済能力があるかどうか」を判断するために、これまでの返済実績もチェックされます。

基本的に、過去2年間の返済実績を見てから増額が可能かどうか判断しているのです。

とくにセブン銀行カードローンの返済滞納や延滞を過去にしていると、増額審査通過が一気に厳しくなります。

もし今までに滞納や延滞をしてしまっているのであれば、少なくとも直近3カ月は返済実績をきれいな状態にしてから申し込むとよいでしょう。

できれば完済実績を1つでも作っておくとより有利な状態といえます。

完済実績があれば、セブン銀行としても安心して融資ができるからです。

また、年収もチェックされる項目のひとつです。

新規申し込みをしたときよりも年収がアップしていると、返済能力がアップしたと判断してもらえます。

とくに銀行カードローンは年収が上がったときに借り入れ限度額がアップしやすいという返済比率という考えに基づいてキャッシングをおこなっています。

そのため、年収が少しでもアップしていれば増額審査通過につながる可能性が高まるのです。

セブン銀行の増額審査は厳しいの?

セブン銀行カードローンの申し込み資格は、満20歳以上70歳未満で、セブン銀行の口座を持っていることです。

また、保証会社であるアコムの保証を受けられることも資格に入っています。アコムの保証を受けるには、2つの条件をクリアしなくてはなりません。

1つ目は安定した収入の確保です。

安定した収入があれば、雇用形態は問われないため契約社員や派遣社員、パート、自営業でも問題ありません。

2つ目は過去に金融事故を起こしていないことです。

返済トラブルや多重申し込み、多重債務がないかどうかをチェックされます。

審査をおこなうアコムは、踏み倒しが起こるとセブン銀行に返済を肩代わりする義務があるため、この2つの条件については慎重に審査をおこないます。

増額審査で減額になる場合もある

増額審査を申し込むと、場合によっては増額できないだけでなく減額になってしまうケースもあります。

では一体どのような状態だと減額になってしまうのでしょうか?

たとえば、何度も借り入れと返済を繰り返している場合、元金が減らず利息だけを返済し続けている状態になってしまう可能性があります。

このような場合、減額になってしまうかもしれません。

また、転職などにより年収が大幅に下がるなど、属性が悪くなることが減額につながるケースもあります。

さらに、他社の借り入れ状況も影響します。

利用者の借り入れ状況は、信用情報機関を利用してチェックされるため、「どこから何円借り入れをしているのか」、セブン銀行側はすべて把握できます。

新規申し込みをしたときよりも、他社からの借入額や借り入れ件数が増えていると、返済できなくなるリスクが上がったと判断されます。

その結果、限度額が減額されかねないのです。

ただし、自動車ローンや住宅ローンは対象外です。

増額審査に落ちる人の特徴とは?

セブン銀行カードローンの増額審査に落ちる人には、いくつかの特徴があります。

この特徴を知っておくことで、審査落ちを防ぐことができるでしょう。

50万円のコースを希望

セブン銀行カードローンは借り入れ限度額が10万円、30万円、50万円の3つから選択できます。

新規の申し込みで10万円コースを設定している場合一気に50万円のコースへの増額を希望すると審査に落ちやすい傾向にあります。

一気に増額しても審査に落ちにくい人というと、勤続年が10年以上であったり、安定性が高いと判断される公務員であったりと、安定した雇用と高い返済能力がある人となります。

利用期間が短い

セブン銀行カードローンの増額申請は、2カ月以上カードを利用していることが条件となっていますが、2カ月の返済が終わってすぐに増額申請をおこなっても、審査に通ることはむずかしいようです。

できれば6カ月以上の利用期間を待ってから申請するとよいですよ。利用期間は長いほど審査に有利になるといえるでしょう。

返済トラブル

返済に遅延が生じたり、支払いを滞納して督促状が届いたりといった状況が一度でもあれば、返済能力が低いと判断されてしまいます。

他社での借り入れが増加している

新規で申し込みをしたときよりも、他社からの借入額や借り入れ件数が増えていれば、審査にはマイナスとなってしまいます。

これは、お金をより多く借りなければならないほど返済能力が低下していると判断されるためです。

増額審査を受ける際には、「他社からの借入額や借り入れ件数が減った状態」を目指すとよいでしょう。

在籍確認がとれない

基本的にセブン銀行カードローンの増額審査には在籍確認がありませんが、転勤などによって属性が変化した場合に在籍確認がおこなわれる可能性もあります。

在籍確認は、申し込み者の勤務先にセブン銀行側が電話をかけ、本当にその勤務先に所属しているのかを確認する作業です。

この在籍確認によって所属が確認できれば、安定した収入が得られていると判断されます。

本人が電話対応した場合は、生年月日などの簡単な質問を受け、本人確認書類と一致すれば終わりです。

同僚など勤務先の人が対応したときは、電話を取り次いでもらうか席を外している旨を伝えてもらうかすることで、所属が確認できたことになり在籍確認は終了となります。

しかし、所属が確認できなければ、安定した収入がなく、書類にも虚偽があるとして増額審査に落ちるリスクが高まります。

すでに退職してしまった場合や休職している場合は所属が認められないため、在籍確認はできません。

審査に落ちたときの対処法は?

「増額審査に落ちてしまったけどどうしてもお金が必要…!」

そんなとき、無理に増額を申請せずに、他の選択肢を候補に入れてみましょう。

大手消費者金融のカードローンに申し込む

すぐに手元に現金を用意したい場合は、大手消費者金融のカードローンを利用するとよいでしょう。

消費者金融によってはweb上のみで申し込みが完結し、カードレスで借り入れができるため急いでいる人にはぴったりです。

また、簡易審査を導入している会社も多いため、審査通過できるかどうかを調べてから申し込めるというメリットもあります。

ただし、アコムを利用するのは避けた方がよいでしょう。

なぜかというと、セブン銀行はアコムを保証会社としており、増額審査もアコムがおこなっているためです。

つまり、セブン銀行の増額審査もアコムがおこなっているため、再びアコムにカードローンを申し込むと「相当お金に困っているのでは?」と判断されてしまいます。

その結果、アコムの審査にも落ちてしまうからです。また、カードローンに申し込んだ履歴もすべて個人信用情報に記録されることになっています。

そのため、何社にも申し込むと「申し込みブラック」となり、次に新規申し込みをするときに不利な状況となるのです。

銀行カードローンに申込む

銀行カードローンは、基本的に消費者金融のカードローンと比べると金利が低いといわれています。セブン銀行の金利は年15%ですが、銀行の上限金利は14%前後で、借入額によっては1桁代の金利となります。

ただし、消費者金融のカードローンと比べると審査が慎重におこなわれる傾向にあり、借り入れまでに時間がかかりがちです。

急いでいない場合には、選択肢のひとつとして考えてみるとよいでしょう。

返済実績を積んで再度申し込む

どうしてもセブン銀行のカードローンで増額したいという人や、そんなに急いでいないという人は、半年以上の返済実績を積んだうえで増額申請に再チャレンジするという方法もあります。

返済実績を積むためにも、月々に返済すべき約定返済に加えて繰り上げ返済をしてください。そうすることで、返済能力が高いことをアピールできるのです。

まとめ

増額審査に落ちてしまうと、信用情報にその記録が記録されてしまいます。そうなってしまわないためにも、まずは増額の条件を満たし、さらに審査に通るための基盤を固めたうえで増額審査を受けてみましょう。

増額が成功すれば、より多くの場面で自由に借り入れたお金を使えるようになるでしょう。増額審査を通過するためには、何よりもセブン銀行からの信頼を得ていることが重要です。

日頃から滞納や延滞をすることなく支払いをきちんとおこない、信頼を築いていきましょう。

 

おすすめキャッシング

アコム

業界利用者数No.1のカードローン

アコム

実質年率
3.0%~18.0%
利用限度額
最大800万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
ベルーナノーティス

初めての方も専業主婦の方も満足できるキャッシング

ベルーナノーティス

実質年率
4.5%~18.0%
利用限度額
1万円~300万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短即日融資可能
※お申込みの時間帯によっては翌日以降となる場合がございます
レディースフタバ

フタバの女性専用キャッシング

レディースフタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。