【すぐ使える】シングルマザーのやりくり術!毎月の支払いを楽にできる9つのポイント

【実録】シングルマザーが実践する生活費のやりくり方法

シングルマザーがやりくり上手になるための9つのポイント

シングルマザーになると、自分が思っていた以上にお金の出費や管理が難しく、赤字の家計簿をみている方も多いと思います。

そこで今回この記事では、シングルマザーがやりくりするための9つのコツをご紹介します。

初めに覚えておきたいポイント
  • クレジットカードで家計の管理をする
  • スマホを格安SIMに乗り換えて通信費用を減らす
  • ガスや電気などの光熱費プランや会社を見直す
  • アパート住まいなら母子家庭に優しい公営住宅に引っ越して家賃削減

【1】家計簿を使うのが面倒ならクレジットカードで一括管理

シングルマザーのやりくり術ポイント1は、クレジットカードを持つことです。

子育てしながら仕事や家事をこなさなくてはいけないシングルマザーにとって毎日家計簿をつけるのは難しいと思います。

しかしクレジットカードで支払いをまとめれば、明細を見るだけで全ての出費が一括管理できるので格段に楽です。

楽天カード
  • 申込みから発行まで最短1週間で自宅に届く
  • 新規入会で5,000P贈呈
クレジットカードを持つメリット
  • 利用履歴を見れば支出を一括で管理できる
  • 小銭を出す手間が省け、会計時の時間を短縮できる

クレジットカードは、18歳以上の方なら毎月安定した収入があれば申込むことができます。

【2】光熱費を見直す

  • 毎月のガス代や電気代の費用をカットできる
  • 乗り換える会社によって、ポイントが貯まる
  • 貯まったポイントは支払いに利用できる

光熱費のなかでもとくに痛いのは「ガス代」ですよね。しかしお得なガス会社を無料見積もりで一括調査すれば、すぐにガス代の見直しできます。

自力で節約するなら、以下のことを意識すると、日々のコストカットにつながります。

ガス・電気・水道の光熱費を見直すコツ
ガス 電気 水道
・お湯は電気ケトルを使う
・料理は電子レンジを上手に活用する
・カレーや煮込み料理は炊飯器で作る
・土日などの休みに平日に食べるものを一気に作る
・コンセントを抜く癖をつける
・トイレやお風呂、部屋などの証明はすぐ消す
・エアコンは自動設定にする
・洗い物をするときは、一気に洗って流す
・お風呂のシャワーヘッドの節水用に変える
・食洗器を使うと、手で洗うよりお得

【2】スマホを格安SIMに変えて大幅コストカット

毎月の「スマホを格安SIMに乗り換える」と、今の半分くらいまでスマホ代をカットできることもあります。

格安SIMは色んなところで申込めますが、UQモバイルは、格安SIMのなかでも通信速度が安定していて料金もお得です。

料金プラン名 月額基本料金 通信速度 通信料(※) 最低利用期間
データ高速プラン 980円/月 月間データ容量3GBまで。受信最大225Mbps(送信最大25Mbps)3GB超えた場合は送受信最大200kbps なし
データ高速+音声通話プラン 1,680円/月 20円/30秒 12ヶ月(※1)
データ無制限プラン 1,980円/月 月額データ容量無制限で送受信最大500kbps なし
データ無制限+音声通話プラン 2,680円/月 20円/30秒 12ヶ月(※2)

(2019年9月時点)
※1新規契約と同時にUQ家族割を適用した場合

格安SIMに変えるメリット
  • スマホ料金が今の半分くらいになる
  • auやdocomo、Softbankの通信回線をそのまま使える
  • 浮いたお金を貯金や生活費に回せる

現在、UQモバイル「Webのキャッシュバック専用ページ」から申込みをすると10,000円のキャッシュバックが受けられます。

またこのキャンペーンは、UQモバイル・UQ WiMAXを同じ月内に契約をされた方限定になります。

キャッシュバックの期間は2019年2月1日~終了日未定です。

UQモバイル
UQ mobile 【ALL CONNECT】
  • 自分の用途に合わせてプランが選べる
  • 毎月のスマホ代を5,000円以内に抑えられる
  • 3GBで月額1,480円!通話とネット付き
申込む前の注意点
専用ページ以外から申込んでしまうとキャッシュバック対象外となってしまうので注意しましょう。

【4】食費は小分けにしておさえる

食費を削るときは「毎月いくらの食費にする」かを決めるのが基本です。子どものお菓子やつい安いから買ってしまった、を繰り返していると食費はかさむばかりです。

食費を見直すコツ
  • 1週間ごとの食費を決め、その金額の範囲以内で買い物をする
  • 1週間分の食材は、小分けにして冷凍保存
  • スーパーのチラシやクーポンなどを活用し、レシピを考える
  • 子どものお菓子は大袋で3つまでと決め、おやつの時間のみあげる

ご飯は週末に多めに炊き、お茶碗1杯分に小分けし冷凍保存しましょう。

食べるときは、電子レンジ温めるだけなので時短にもなります。

また近くの業務スーパーや特売日などに買い物することで、食費の節約に繋げることができますよ。

【5】家賃や公営住宅に住んでおさえる

アパート住まいなら公営住宅に引っ越してしまうのもシングルマザーがやりくりするうえで大切なことです。

公営住宅とは、県や市などが給料が少ない方のために向けた集合賃貸住宅のことです。

公営住宅のメリット
  • 自分の所得によって家賃が決まるため、比較的安い値段で住める
  • 部屋数が多いため、子どもの部屋や寝室などの部屋を作れる
  • 地域によって、母子家庭に優しい家賃減免制度がある

地域によって応募する時期は違いますが、市役所や区役所に行けば窓口に公営住宅の応募パンフレットが置いてあります。

応募は一般から福祉、抽選などがあり、母子家庭の場合家賃を減免してくれることもああります。

家賃をなんとか安く抑えたい方は、ぜひ公営住宅を視野に入れてみるのもいいでしょう。

実際お金の教本運営スタッフは、家賃24,500円でしたが福祉減免額30%で毎月7,400円お得に住んでいました。

家賃減免書類

また都心の公営住宅に住んでしまうと家賃は高くなる傾向にあるので気をつけましょう。

【6】公共料金をクレジットカード払いにする

水道料金、電気代などの公共料金や通信費を、全てクレジットカード払いにすると効率よくポイントを貯めることができます。

溜まったポイントは、商品と交換することやそのまま利用料金のキャッシュバックとして活用できるので現金払いより便利。

ただクレジットカードは、支払いが先延ばしになることでつい使いすぎてしまうことにつながりやすいです。

そのためすべての支払いをクレジットカードにするときは、わざとショッピング枠の範囲を狭くするなど、使いすぎを防ぐための工夫が必要です。

これはお金の教本運営スタッフが個人的に衝動買いをおさえるために普段からやっていることですが、ネットショッピングで、カートに入れたら商品を1日放置します。

そして3日後にまだ商品がカートに入っていたなら、それは本当にほしい商品ではないと判断して無駄遣いをおさえています。

【7】手当の一部を貯金に回す

児童扶養手当などは4ケ月に1度まとめて振り込まれます。

毎月の給料から貯金することは難しいなら、手当がまとめて支払われたときに、あらかじめこれだけは貯金すると決めておきましょう。

残った金額のなかで使い道を考えられるので、上手く貯金をすることもできます。

4回支払われる手当なら、1回につき5万円を貯金するようにすれば1年あたり20万円の貯金ができますよね。

もしどうしても貯金するのが難しいなら、貯金専用の口座をべつに作って簡単に引き出せないようにしましょう。

【9】今お金が足りないときはカードローンを頼る

24時間以内、または1時間以内にどうにかしてお金を工面しなければならないときは、最短60分で借りれるカードローンが便利です。

支払いが迫っていて必ずお金を用意しなければならないときは、給料日に返す前提で必要なお金を借りるのが現実的な解決法です。

アコム
アコム
  • ネットで24時間いつでも借りれる!
  • 最短1時間で借りれる
  • 郵便物が自宅や職場に郵送なしだからバレにくい
プロミス
  • 入力画面が少なく申込みが楽!
  • コンビニATMやネットから24時間借りれる
  • 初めてなら30日間利息ゼロ円

※申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

カードローンのお得な使い方

カードローンも無利息期間を利用すればお得に借入れすることが可能です。

カードローンをできるだけ利息をおさえて借入れする方法についてお話しします。

初回無利息期間を有効に使う

カードローンを利用するときは、返済の目処を立てるため少しでもお得に利用したいですよね。

そこでカードローンの初回無利息サービスを利用すれば、利息の負担を少なく借入れすることができます。

無利息期間がどういうものなのかイメージがしにくいと思うので、それぞれ完済までの利息の総額がどのくらいになるのかまとめてみました。

【5万借入れの場合】

支払い期間(※1) 180日(※2) 30日
(全額が30日無利息)
1回 0円 0円
3回 0円 731円
6回 0円 1,770円
12回 1,097円 3,834円

※1何回払いなのかで記載

※25万円までが180日無利息

利息は借入期間が長いほどに多くなり、早く返済するほどに安くなります。

180日と30日でこれだけの差がでるので「いくら」を「どのくらいの期間」借りるかを考えて利息が安い方を選択するとよいでしょう。

また30日無利息期間のあるカードローンは多いので、ほかと見比べてみるとよいでしょう。

シングルマザーのやりくりは支出を洗い出すことが大事

シングルマザーが上手にやりくりするためには、毎月何にお金が飛んでいくのかをいったん整理してみましょう。

毎月かかるお金は、主に以下のようなものがあげられます。

項目

金額・特徴

家賃

30,000円~60,000円

・住む地域によって大差が出る

・公営住宅のほうが安い

・都心部なら家賃は高め

光熱費・水道代

10,000円~20,000円

・家庭によっては数千円程度

食費

食費:25,000円~40,000円

・外食が多いとこのぐらいの料金はかかる

・コンビニで買い物・外食などを控えると大幅削減可能

日用品

3,000円~5,000円

・ディスカウントショップでまとめ買いがおすすめ

通信費

(携帯電話・インターネット)

3,000円~20,000円

・格安SIMに変えるなど工夫すれば大幅削減可能

ガソリン代

5,000円~15,000円

・車をもっていないなら不要

・車の燃費にもよる

保育園・幼稚園

3,000円~30,000円

給食費

公立小学校高学年全国平均4277円、中学校4882円

(2014年5月1日現在)

保険

3,000円~12,000円

・積み立てとして学資保険に入るならもっとかかる

衣類費

5,000円

・子供の成長は早いので、細かくサイズの変更がある

・バーゲンの時期にまとめて使うなど工夫すれば削減できる

美容院・化粧品など

2,000円~6,000円

・友人やママ友との交流で身だしなみを整えるためにかかる

子供が大きくなるにつれて当然支出も増えていきます。

学校の給食費などは、絶対に支払う必要があるものなのでなくすことはできません。

ただ保険や通信費などは、プランを見直すだけで安くおさえることもできます。

シングルマザーの収入平均

子ども家庭局発表の資料によると、シングルマザーの雇用や収入の状況は以下のようになっています。

項目 内容
母子世帯数 123.2万世帯
就業者の中で正規社員の割合 44.2%
就業者の中で非正規雇用パート・アルバイト・派遣社員の割合 48.4%

平均年収※手当や養育費含む

243万円
就労のみの平均年収 200万円
正規社員の就労による平均年収 350万円
パート・アルバイト・派遣社員の就労による平均年収 133万円

参照:平成28年度の厚生労働省子ども家庭局 『ひとり親家庭等の支援について』(最終閲覧日2019年09月03日)

今現在年収平均を大きく下回っているのなら、パートを変える、空いた時間にできる副業をするなどして収入の底上げをするのもいいですよ。

まとめ

シングルマザーがうまくやりくりするためには

  • 収入と支出をしっかり洗い出す
  • 減らせる支出は減らす

これらのことを少しづつ実践していくと、家計の圧迫を徐々に回避することができます。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。