SMBCモビットの返済方法|返済が遅れるときの2つの対処法を解説!

SMBCモビットの返済遅れは2つの対処法で解決!

「SMBCモビットの返済方法はなにがあるの?」「SMBCモビットの返済期日に間に合わない…」とお金を借りた後の返済で悩むこともあるでしょう。

SMBCモビットで行える返済方法は口座振替・銀行振込み・提携ATMの3種類です。

そして、期日までにどうしてもSMBCモビットに返済できない場合でも、対処する方法はあります。

今回はSMBCモビットの3つの返済方法や返済できないときの対処法などについて紹介していきます。

SMBCモビットの3つの返済方法

SMBCモビットは口座振替・銀行振込み・提携ATMによる3つの返済方法があります。

  • 口座振替
  • 銀行振込み
  • 提携 ATM

口座振替の返済

口座振替はSMBCモビットが指定する銀行口座であれば、自動で引き落としてくれるおすすめの返済方法です。

口座振替で利用できる銀行口座は、三井住友銀行三菱UFJ銀行ゆうちょ銀行の3つのみとなっています。

そして、上記の銀行の口座を普段から利用していれば、毎回期日までに返済金を振込む必要がなく、手間がかからないメリットがあります。

また銀行振込みや提携ATMとは違って、手数料がかからないために無駄なお金を支払う必要がありません。

ただし、口座振替には1つだけデメリットも存在します。預金口座内のお金が残高不足だと、延滞扱いになってしまうことです。

そのため、口座振替の利用を考えている場合は口座内のお金の管理に注意する必要があります。

銀行振込みの返済

SMBCモビットの銀行振込みは口座振替とは反対に、好きな銀行口座からSMBCモビットの指定預金銀行口座に振込むことで返済することができます。

さらにインターネットバンキングを利用すれば、自宅や電車通勤中などでもスマホから気軽に振込みすることができるのです。

そしてSMBCモビットの振込先は三井住友銀行の指定口座であり、同じ三井住友銀行の預金口座から振り込めば、振込み手数料が無料になります。

一方他の金融機関からSMBCモビットの指定口座に振込みをした場合、以下の振込み手数料が発生します。

取引金額手数料
1万円以下108円
1万円超216円

銀行が営業していない土日・祝日や年末年始の振込みは、金融機関の翌営業日の午前中に入金されますので、覚えておきましょう。

提携ATMの返済

SMBCモビットは、身近にある全国の地方銀行やコンビニエンスストアの提携ATMから返済することもできます。

種類提携ATM
銀行・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・セブン銀行
・イオン銀行
・プロミス
・SAISONCARD INTERNATIONAL
・第三銀行
・福岡銀行
・親和銀行
・熊本銀行
・ローソン銀行
・ゆうちょ銀行
コンビニ【イーネットATM】
・ファミリーマート
・ミニストップ
・スリーエフ
・コミュニティストア
・デイリーヤマザキ
・生活彩家
・セーブオン
・ポプラ
・セイコーマート

※イーネットATMやローソン銀行のATM以外のATMがコンビニに設置されている場合もあります
※ATMや時間帯によってローンカード挿入時は画面が異なる場合があります

上記の以外にも地域の銀行ATM駅のATMでも利用可能です。設置されている場所によって提携ATMの営業時間は異なりますが、近くのATMから返せるのは気軽ですね。

また銀行振込みと同様に三井住友銀行のATMから返済すれば手数料が無料であり、三菱UFJ銀行やセブン銀行含むATMであれば、利用明細書と領収書がその場で発行されるメリットがあります。

そのため、利用明細書や領収書が後日自宅に送られてくることがなく家族にバレにくい返済方法です。

ただし銀行振込み同様に利用したATMによっては利用手数料が発生し、ゆうちょ銀行や全国の信用金庫、地方の銀行ATMなどでは利用明細書と領収書が後日郵送されます。

後日の利用明細書と領収書の送付を希望しない場合は、会員専用サービス「Myモビ」で電子交付を選択しましょう。

注意点
WEB完結申込みによる借入れ契約した場合、返済方法が口座振替となります。
原則契約後の銀行振込みや提携ATMの返済はできませんので、注意しましょう。

SMBCモビットの返済日は選べる

SMBCモビットの返済日は契約時に「5日15日25日末日」の4つの日にちから選ぶことができます。
上記の決められる日にちは一般的に給料が振り込まれる日であり、利用者が返済しやすい日にちです。

そして、ATMで返済する方は前回の返済期日から次の返済期日までに返済をしたとき、次々回の返済期日まで伸ばすことができます。

たとえば15日を返済期日としたとき、前月の返済した15日~今月の15日の間に返済をした場合、翌月の15日に伸ばすことができるのです。

一方口座振替による引き落とし返済をする方は、毎月自動的に「5日、15日、25日、末日」のうちの指定した日にちに自動的に引き落とされます

しかし「転職して給料日が変わったから返済期日までにお金がない」などの事情で、返済できなくなる場合もありますよね。
そのときはSMBCモビットの会員専用サービス「Myモビ」から返済期日を変更することが可能です。

注意点
変更した日付によっては利息以上の金額を支払う必要がありますので、返済期日を変更したい場合は先にSMBCモビットに電話で相談することがおすすめです。

SMBCモビットの返済額

SMBCモビットの毎月の返済金額は最後の借入れ残高によって変わる残高スライド元利手額返済方式になっています。
そして、以下の表はSMBCモビットにおける最後の借入れ残高と最低返済金額です。

最後の借入れ後残高最低返済額(利息含む)
10万円以下4,000円
10万円超~20万円以下8,000円
20万円超~30万円以下11,000円
30万円超~40万円以下11,000円
40万円超~50万円以下13,000円
50万円超~60万円以下16,000円
60万円超~70万円以下18,000円
70万円超~80万円以下21,000円
80万円超~90万円以下24,000円
90万円超~100万円以下26,000円

※実質年率18%
※借入れ残高が100万円以上の場合は実質年率15%

また100万円を超える金額を借入れして、最後の借入れ残高が20万円増えるごとに返済金額が4,000円追加されます。

SMBCモビットで期日に返済ができないと?

SMBCモビットは「次回の返済までにお金が準備できない」と返済期日に返済できない場合、実質年率20%の遅延損害金が発生します。
遅延損害金とは、返済期日より遅れた場合に通常の返済額に上乗せされて支払う延滞料のことです。

返済する日が遅くなれば遅くなるほど、遅延損害金は大きくなり返済時には一括で支払う必要があります。

たとえば、10万円の借入れで実質年率20%のとき3ヶ月の延滞をしているとしましょう。

遅延損害金=返済額×遅延損害年率÷365日×延滞日数
10万円×20%÷365日×90日≒4,931円

借入れ額10万円で3ヶ月も遅れてしまうと、返済時には利息を含む返済額に約5,000円も上乗せして支払う必要になります。

また、返済が2・3ヶ月以上遅れてしまったときには、利用者の信用情報に傷がつき信用情報機関にブラックリスト扱いとして登録されてしまいます。

ブラックリスト扱いになると、他の金融機関でお金を借りることもできなくなるうえにクレジットカードの申込みの審査に落ちてしまうのです。

SMBCモビットの返済ができないときの対処法

「どうしても返済ができない…」「返済できないときの対処法はないの?」と返済がどうしても間に合わない場合もときにはあります。
ここからは、SMBCモビットで返済できないときの対処法を2つご紹介します。

支払日を延期する

SMBCモビットでは返済期日に支払いが間に合わないときに「支払日を延期する」ことが可能です。
会員専用のサービスである「Myモビ」やSMBCモビットの公式アプリから、返済できそうな日を支払予定日として登録することができます。

もし返済当日を過ぎてしまった場合は、SMBCモビットのコールセンターに電話連絡して、支払日に関して相談することが大切です。

ただし、支払予定日の登録は毎月の支払い日を変更することではありませんので注意しましょう。

返済額の減額を相談する

SMBCモビットは返済額の一部でも返済できるのであれば、電話連絡することで一部返済を認めてもらうこともあります。
一部の返済は最低返済金額より金額が下になることはありませんが、「支払日の延期」とは違って遅延損害金が発生しません

また利用者の諸事情によって、利息のみの返済を受け付けてくれる場合もあります。
返済額の減額を希望する場合は、SMBCモビットのコールセンターに電話連絡し相談しましょう。

注意点
返済額を減額する場合は支払いが、現状よりも長期化することがあります。

追加返済で早めの返済を心掛けよう

SMBCモビット以外の金融機関でもいえることですが、早めの返済を心掛けることが大事です。

「夏・冬のボーナスが入った」「今月はお金に少し余裕がある」という場合は、SMBCモビットで通常の返済に加えて追加の返済ができます。

たとえば、契約時の借入れ額が30万円・実質年率18%で返済額11,000円の場合、返済金額16,000円の場合で利息や返済回数を比べると……

借入れ額30万円の場合
【返済額11,000円・実質年率18%】
返済回数=36回 利息額=88,683円

【返済額16,000円・実質年率18%】
返済回数=23回 利息額=54,898円

返済額が5,000円も増えるだけで返済回数も約1年(12ヶ月)、利息額は34,000円以上も違います。

つまり、返済額を少しでも増やせば返済金額を早めに減らすことができるほかに、支払う利息も減らすことが可能なのです。
追加の返済を行う場合は銀行振込みもしくは提携ATMからの返済のみとなります。

また自分自身の返済額や完済までの月数を知りたい方は、SMBCモビットの公式サイトにある返済シミュレーションを活用してみることがおすすめです。

まとめ

今回はSMBCモビットの返済方法や返済できないときの対処法について紹介してきました。
SMBCモビットの返済方法は「口座振替」「銀行振込み」「提携ATM」の3種類です。

どの返済方法も便利ですが、それぞれのデメリットもあるため、自分が返済しやすい方法を選びましょう。

また返済期日までに返済ができないと、実質年率20%の遅延損害金が発生し、支払う金額が大きくなります。

どうしても返済できない場合は「支払日の延期」や「返済額の減額」をSMBCモビットに相談することが大切です。

 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。