学生おすすめのクレジットカードはこれ!賢いカードの選び方と使い方

「せっかく大学生になったからクレジットカード作りたいなぁ……でも何も知らないしどうやって作ったらいいの?」

「学生でも作れるクレジットカードってあるの?」「クレジットカード作るとお得だって聞いたんだけど……?」

高校を卒業すると、自分でできることがいろいろと増えますよね。

そこで今回は、学生向けのおすすめクレジットカードのご紹介させていただきます!

そもそもクレジットカードって?クレジットカードの基礎知識

そもそも、クレジットカードとはどんなものなのか?ここから入りましょう。

なんとなく「一括で!分割で!」なんてかっこいい大人の人たちがお店で言ってるのを見たことがあると思います。

「なんであんなカードで支払いができるの?いったいクレジットカードってなんなの?」と不思議に思いますよね?

クレジットカードを簡単に説明すると、買い物をしたとき料金がツケにできるカードのことです。

お会計をするときにも便利なのですが、それだけじゃなく優遇サービスを受けられたり、ポイントカードと同じく貯めて商品と交換するということもできるんですよ。

うまく活用することができれば、かなり生活の助けになります。

買い物をするときに、クレジットカードがあれば、手元に現金がなくても買い物ができてしまいますからね。

なので大金を持ち歩くのが怖いという方が便利に使えるものなのです。

学生だとクレジットカードという言葉自体あんまり聞きなれないものかもしれません。

でももしかしたらお父さんやお母さんがクレジットカードで支払っている姿を、何だかわからずに近くで見たことはあるかもしれませんね。

たしかにわたしもクレジットカードをちゃんと知ったのって、働き出してからかもしれない。

会社の人達とかと飲み会に行ったときに支払いに使ってる人がいた気がするなぁ……

あ、でもそういえば学生ってクレジットカード持てるんですか?

大丈夫!今は学生でも持てるクレジットカードがたくさんあるんですよ。

クレジットカード会社も、サービスの幅を広げたってことですね!

あ、でもその前に……クレジットカードを安心して作るために、備わっている機能についてしっかりと知っておきましょうか!

クレジットカードが持つ機能とは

便利なカード、クレジットカードには後払いで買い物ができるショッピング機能と、現金を借りることができるキャッシング機能が付いています。

学生のみなさんが抱いている世間一般的なクレジットカードのイメージだと、買い物するときに使う「ショッピング機能」でしょう。

この「ショッピング機能」が付いているからこそ、手元に現金がなくても買い物をすることができるんです。

とくにインターネットを使って買い物をするときには、クレジットカードで支払いをするととても便利になっています。

ほかにもお店やタクシーに乗るときなど、いろいろな場面でクレジットカードは大活躍してくれますよ!

ただし、クレジットカードのお金を借りる機能である「キャッシング機能」には要注意です。

「キャッシング機能」は、ようはお金に困ったときに、クレジット会社からお金を借りる機能のことです。

生活費が足りなくなったときや、ちょっと旅行に行きたいってときにとても便利な「キャッシング機能」

ですが「キャッシング機能」には落とし穴もたくさんあります。

どんなものでも、機能をしっかり理解しておくことは大切ってことですね!

そういうことです!

クレジットカードの機能を理解していれば、カードの使い方を間違えることもないですから。

でも、先生の説明を聞けば聞くほどクレジットカードを持つのって大変なことのような……。

やっぱり学生の間は作らないほうがいいよって伝えたほうがいいのかなぁ?

説明を聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、クレジットカードを学生のうちから持つメリットがあるんですよ。

学生のうちからクレジットカードを使うと信用される!

クレジットカードは使うたびに、カードの使用履歴を管理している個人信用情報機関とクレジットカード会社に、使用した金額がきちんと返済されているかどうか記録が残るようになっています。

この記録をクレジットヒストリー、略して「クレヒス」といいます。

「クレジットカードを使うとクレジットヒストリーができるのはわかったけど、それが一体何のメリットになるの?」と思いますよね。

じつはこのクレジットヒストリー、クレジットカードを長く使えば使うほど有利になるんです!

クレジットヒストリーは、単なるカードの使用履歴ではありません。カードを使っているあなたの「信用の履歴」にもなります。

つまりクレジット会社からの信頼が厚くなるってことです。

なぜなら、クレジットカードはお客さんと会社側の「信用」で成り立っているからです。

たとえばお代をつけにしても、後できちんと払ってくれる人なら信用しやすいですよね?

長い間料金を払ってくれる人なら、より信用もしやすくなります。

このクレジットヒストリーが、就職してからもあなたを信用してもらうための資料になります。

長い人生の中でいろいろな場面で使うことになる資料なので、とっても大切なものなんです。

「カードで付いてくるポイントや特典内容も違うから、そのうち2枚目、3枚目のクレジットカードを持ちたい!」

なんてときに、クレジットカード会社や銀行がクレヒスを見てあなたにお金を貸せるかどうか確認をしますからね。

だからこそ、クレジットヒストリーは少しでも早く作って積み重ねることが大切です。

クレジットカードそのものが、じつは「信用」を元に作られたカードなんです。クレジットカードで使われている支払い方法も、この「信用」があってこそ決められています。

詳しくは参考記事を読んでみてくださいね。

参考記事 

そうだったんですね!それなら自信持って従妹に「クレジットカード作りなよ!」って言えます!

あ、でもわたしクレジットカードの作り方を説明できないや……。

心配しなくても大丈夫ですよ!

順番にクレジットカードの作り方を覚えていきましょう!

不安だけど……初めて持つ学生向けクレジットカードの作り方

では実際に便利なクレジットカードを作ってみましょう。

まずはあなたの作りたいクレジットカードを選びます。

クレジットカードって本当にたくさんの種類があるので、自分に合った使いやすいクレジットカードをよく考えて選ぶことが大切です。

作りたいクレジットカードを選んだらさぁ申し込み……というわけにはいきません。先に申し込みに必要な書類を準備しておく必要があります。

そうすれば、クレジットカードを申し込むときもスムーズに進みますよ。

申し込みに必要な書類は通常以下の2つになります。

◇本人確認書類(運転免許証、パスポート、住民票の写し、健康保険証など)

◇銀行口座

しかし未成年の学生がクレジットカードを作るなら、用意しておかなければいけない大切な書類がもう1つあります。

それは保護者の同意書です。

未成年の学生は、クレジットカードを作るときに親の同意が必要になります。未成年ではクレジットカードの支払い能力はないとみなされているから親の許可が必要ということです。

そのため、基本的に親の同意がないと未成年はクレジットカードを作ることができません。

まあ料金を後で払ってもらえないと、クレジット会社も困りますからね、何かあったら親に払ってもらう必要があるわけです。

へぇ~!未成年だと自由にカードを作ることはできないんですね……。

あっ、じゃあ成人になったら親の同意がなくてもクレジットカードを作れるってこと?

そういうことです!

さきさんも働いていらっしゃるでしょうから、毎月定期的な収入がありますよね?

さきさんのように、ちゃんとした収入があればクレジットカードを作ることは可能なんです。

ちゃんとした収入……ですか?

え、もしかしてアルバイトじゃあダメだったりとか……?

アルバイトでも、安定して毎月収入があるならクレジットカードを作れる可能性はありますよ。

大事なのはクレジットカードを作るときに、定期的な収入があるかどうかですから。

だからこそクレジット会社は申し込む人がちゃんと支払いできるかどうかを判断するために、審査っていうものをするんです。

ということで、次はクレジットカードの審査について説明していきましょう。

クレジットカードを作るには審査が必要?

クレジットカードを作るときに、クレジット会社は必ず利用した金額を返済できるかどうか審査をします。

クレジットカードの仕組みとして、支払った金額は始めの段階ではクレジットカード会社が代金を立て替えて支払っている状態になっています。

つまり、お金を借りて買い物をしていることになるんです。

クレジット会社からしたら、貸しているお金が返ってこなかったらたまったものじゃないですよね?

なので、お金を必ず返してもらえる人じゃないと、クレジットを渡せないわけです。そのための方法として、申し込んだ人にどれだけ収入があるのかを調べるのです。

もし審査に通らなかった場合、もちろんクレジットカードを作ることができません。

それならなおさら学生はクレジットカード作るの無理なんじゃ……従妹はバイトしてますけど、テストがある時期だとほとんどシフト入れないって言ってましたし。

安定した収入なんかないですよ?そう思いますよね。

でも、学生でもクレジットカードの審査に通る可能性があるかもしれないんです。

学生がクレジットカードを作るときの審査対象は親!?

学生がクレジットカードを申し込んだとき、親が保証人になることが多いです。クレジット会社は、学生がクレジットカードを作るときの審査で親の収入も同時に行います。

親に支払い能力があれば、学生は支払い能力がなくても代わりに親に代金を請求することができますよね?

学生が払えなくてもその親からお金が返ってくる保証が大きいので、クレジットカードを手に入れられる可能性が出てくるのです。

さぁ、審査がどんなものかわかったら、あとは実際にクレジットカード会社と手続きを終えるだけです!

いろんな方法でクレジットカードを申し込むことができるんですけど、今回は一番手軽なインターネットを使った手続き方法をご紹介します。

クレジットカードの申込み方法

(1)規約の確認

各クレジットカード会社が決めた、クレジットカードを作るときの約束が書かれた規約を確認します。

最初にしっかり規約を読んでおかないと、もし何かトラブルがあったときに「こんなこと聞いてない!」と言っても通用しません。

なので面倒ではありますがしっかりと規約は確認しておきましょう。

(2)本人情報の入力

クレジットカードを申し込む本人の個人情報と口座状況を入力します。本人情報を入力しないと、カードを作ることができないですからね。

(3)学校(職業)情報の入力

通っている学校の情報を入力します。

学生でもアルバイトをしている場合、学校の情報よりもアルバイト情報を優先して入力すると、支払い能力があると判断されるので審査が通りやすくなります。

(4)希望のクレジットカードのカードブランドを選択

作りたいカードのブランド(VISA、Mastercard、JCBなど)、支払い日などの情報を入力します。

ブランドに対応していないカードもあるので、好きなカードブランドがある人はこの段階でしっかりとチェック!!

(5)入力内容の確認し送信

これまで入力した内容に誤りがないかを確認してから送信します。入力した内容に間違いがないかを調べてか送信しましょう。

(6)審査

入力した内容を元に、クレジットカード会社が審査をします。クレジットカードが無事作れるかの審判がくだされます!

(7)クレジットカード発行

あとはクレジットカード会社の審査が通ればOKです!だいたい10日~2週間ほどで無事にクレジットカードが自分の住所に郵送されてきます。

どうですか?思っていたよりもクレジットカードの作り方って簡単でしょう?はい!ちょっと入力とかがめんどくさいけどまあなんとか!

それに学生のうちにクレジットカードを作っておくほうがお得なんですもんね!

よしっ、じゃあさっそくクレジットカードを従妹に……って、まだどのクレジットカードを作ったらいいのかわかんないままだった!

えっと、どんなクレジットカードがあるのかなぁ~って、え……クレジットカードってこんなに種類があるんですか!?

ああ、クレジットカードは今ではものすごい数が出ていますからねぇ……。

う~ん……カードごとの特徴がどうなってるのか、よくわからないです……。

よし、それじゃあ、学生が持つのにおすすめのカードをいくつか紹介していきますね!

どのカードも特典が充実していて使いやすいカードですよ!

上手に選ぼう!学生におすすめのクレジットカードはこれ!

クレジットカードはさまざまな種類のカードが発行されています。そのなかでも学生におすすめのカードをいくつか紹介していきますね!

将来を見越して……!ゴールドカードに自動切り替わる【三井住友VISAデビュープラスカード】

学生向けのクレジットカードでまずご紹介したいのがこの三井住友VISAデビュープラスカードです。

【公式サイト】

三井住友VISAデビュープラスカード

入会対象者

満18歳~25歳までの方(高校生は除く)

年会費

初年度無料(2年目以降も、前年度に年1回以上利用で無料)

利用可能枠

10万~80万円(学生:10万~30万円)

支払日

月末締め翌月26日払い(15日締め翌月10日払いへの変更可能)

支払い方法

1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い

ショッピング補償

年間100万円まで補償

(海外での利用及び国内でのリボ払い、分割払い(3回以上)の利用が対象)

国際ブランド

VISA

ポイントサービス

毎月のご利用金額の合計金額1,000円(消費税など含む)ごとに2ポイント

・入会後3ヶ月は5ポイント

・マイ・ペイすリボの登録で3ポイント

(※リボ払い手数料請求がある月に限る)

(※入会3ヶ月は登録有無にかかわらず5ポイント)

(2018年6月時点での情報)

 

三井住友VISAデビュープラスカードは、高校生は作れないものの、18歳~25歳までの人が申し込めるクレジットカードです!

 

1,000円ごとに2ポイント(使えるポイントの還元率としては0.1%)と、比較的簡単にたくさんのポイントを貯めていくことができます。

また、セキュリティ面もとても充実しているからなくしちゃっても安心です。

セキュリティに関して詳しくまとめました。

 

不正にクレジットカードを使われたときのためにICチップが埋め込まれている

埋め込まれたICチップにクレジットカードの情報が入っているので、簡単に情報を取り出せないようになっています。

だれかがクレジットカードの情報を盗もうとしたり偽造しにくいようになっているのです。

 

買ったものが盗まれたり壊れたりしたりしたときのためにショッピング保険が付いている

もしクレジットカードを使って買ったものが盗まれたり壊れたりした場合、一定期間内(通常90日)であれば、商品代や修理代を補償してくれます。

これをショッピング保険といい、お友達にプレゼントしたものでも補償されるので、とっても便利な保険です!

 

はじめてクレジットカードを持つのは不安、もしなくしたらどうしようと思っている学生なら持っていて損はありませんよ。

ただ、三井住友VISAデビュープラスカードが優れている理由はもう一つあります――。

 

それは、26歳以上になったときのカード更新のときに、自動的に三井住友VISAプライムゴールドカードへランクアップされることです!!

ゴールドカードは、一般カードよりも質の高いサービスを受けられます。

たとえばポイントアップの特典や空港やホテルで優遇される内容が増えるなど、周りにも自慢できますよ。

ただしその分年会費が5,000円+税がかかるようになることとには注意しましょう。

そんなゴールドカードを将来自動的に持てるようになるんですから、本当にお得なカードですよね!

 

学生だからこそ旅行がしたい!マイルがたくさん貯まる【ANA学生カード/JAL学生カード】

高校を卒業すると、アルバイトもはじめて自由に使えるお金も増えてくるんじゃないでしょうか。

友達と一緒に旅行に行こう!と計画を立てることも増えるのでは?

そんな旅行好きが持っていると役に立つのがANA学生カードとJAL学生カードです!

 

ANA学生カード

【公式サイト】

 

ANAカード

入会対象者

満18歳以上の学生(高校生は除く)

年会費

1,242円(税込み)※在学期間中年会費無料

利用可能枠

10万~30万円

支払日

15日締め翌月10日払い

支払い方法

1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い

ショッピング補償

年間100万円まで補償※対象期間90日

(海外での利用及び国内でのリボ払い、分割払いの利用が対象)

国際ブランド

VISA/Master Card/JCB

ポイントサービス

・1,000円ごとに1ポイントが付く(還元率0.5%~1.15%)

・入会時などに学生専用ボーナスマイルあり

(一般カードで付くボーナスマイルもあり)

・卒業後、一般カードへの切り替えでボーナスマイルあり

(2018年6月時点での情報)

 

JAL学生カード

【公式サイト】

 

JAL カード

入会対象者

満18歳以上30歳未満の学生(高校生は除く)

年会費

在学期間中年会費無料

利用可能枠

10万円

支払日

15日締め翌月10日払い

支払い方法

1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い

旅行保険

付帯保険:自動付帯

死亡・後遺障害:最高1,000万円

救援者費用:最高100万円(海外旅行時のみ)

傷害・疾病治療:最高50万円(海外旅行時のみ)

賠償責任:最高2,000万円(海外旅行時のみ)

携行品損害:最高15万円(海外旅行時のみ)

国際ブランド

VISA/Master Card/JCB

ポイントサービス

・100円ごとに1マイルが付く

・各種ボーナスマイルあり(留学、語学検定、卒業など)

(2018年6月時点での情報)

 

ANA学生カードとJAL学生カードは、航空会社が発行しているクレジットカードです。

この2つのクレジットカードは、使えば使うほどマイルを貯めることができます。

 

マイルとは、航空会社で使われるポイントのことで、航空会社が別の言い方をしているだけです。

 

「でもマイルって、飛行機に乗ったりとかでしか使えないって聞いたよ?なら貯めても飛行機使わないなら意味ないんじゃ……」

 

いやいや、そんなことはありません!

マイルは提携しているSuicaなどのほかのポイントに切り替えて使うことができるので心配無用です。

ほかにもグルメやクーポン券など、いろいろなものに交換可能です。

結局クレジットカードのポイントとマイルは、どっちも貯めておくべき!ということなんですよ。

とくにJAL学生カードでは、留学や語学検定代をクレジットカードで支払ってもマイルを貯めることができます。

普段の生活のなかで貯めることも、使うこともできるマイルがたくさん貯まるのが、ANA学生カード、JAL学生カードのいいところです。

学生カードの決定版!【学生専用ライフカード】

学生向けに発行されているクレジットカードの中でも定番なのが、学生専用ライフカードです。

【公式サイト】

ライフ カード

入会対象者

満18歳以上25歳以下の学生(高校生は除く)

年会費

無料

利用可能枠

5万~30万円

支払日

5日締め27日払い、または翌月3日払い

支払い方法

1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い

旅行保険

付帯保険:自動付帯

死亡・後遺障害:最高2,000万円

救援者費用:最高200万円

傷害治療費用:最高200万円

賠償責任:最高200万円

携行品損害:最高20万円

国際ブランド

VISA/Master Card/JCB

ポイントサービス

・1,000円ごとに1ポイント貯まる(年間利用金額に合わせてポイントの貯まり方が増えていく)

・海外ショッピング利用5%キャッシュバック

・最大5年間ポイントが貯められる

(2018年6月時点での情報)

学生専用のライフカードの強みは、何といっても海外旅行をしたときの使い勝手の良さです!

これから友達と海外に行きたいと思っている方にぜひおすすめしたいカード。

では詳しい特典を見ていきましょう。

海外旅行先でのカード利用額の5%をキャッシュバック

学生用ライフカードを使って海外で買い物をすると、使った金額の5%があなたの銀行口座に振り込まれます。

海外でクレジットカードを使って買い物をする機会が多い方にとって嬉しいサービス!

一般のライフカードにはない海外旅行保険が自動的に付いている

クレジットカードによく付いている海外旅行保険。

海外で病気などのトラブルがあったときに、補償してくれるありがたいものです。

その海外旅行保険が、学生専用ライフカードには自動的に付いています。

これがあれば、海外でトラブルが発生しても安心できるはずです!

それ以外にも毎月の携帯料金を学生専用ライフカードで払った人のなかから毎月10人に1人、Amazonギフト500円券が当たるサービスも行っています。

ポイントも、利用金額に合わせてどんどん増えていくステージ制プログラムを導入していたりととても貯めやすくなっているんですよ!

だから学生向けのクレジットカードのなかでも、お得なカードなんです。

また学生専用ライフカードは、学生専用のクレジットカードとなっていますが実は1度作ってしまえば更新を続けることでずっと使い続けることができるカードです。

ただし大学を卒業するときに海外旅行保険が外れ、5%キャッシュバック、携帯料金のAmazonギフト券プレゼントの特典がなくなるのでご注意を。

ネットショッピングの強い味方!ポイント還元率が高いカード

クレジットカードを持つなら年会費無料のものを選ぶのもよいですが、ポイントがお得に稼げるカードを選ぶことをおすすめします。

これから紹介するカードは、利用した金額に対してもらったポイントを交換できる割合(ポイント還元率)がとても高くなっているので注目です!

VIASO(ビアソ)カード

【公式サイト】

 

VIASO(ビアソ)カード

入会対象者

満18歳以上の電話連絡が可能な方(高校生は除く)

年会費

無料

利用可能枠

10万~100万円

支払日

5日締め当月27日払い

支払い方法

1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い

ショッピングパートナー制度年間限度額100万円(カードで購入した日から90日以内に商品が破損、盗難にあった場合)

海外旅行保険

最高2,000万円

国際ブランド

Master Card

ポイントサービス

・1,000円ごとに5ポイント貯まる(ポイント還元率0.5%)

・VIASOeショップを通して買い物をすることでポイントがさらにお得に貯まる!

(2018年6月時点での情報)

 

学生向けのクレジットカードのなかでもポイントが稼ぎやすいのがVIASO(ビアソ)カードです。

VIASOカード自体のポイント還元率は0.5%と、ほかの一般カードとそんなに変わりません。(それでも学生向けのカードに比べたらとっても高いんですけどね……)

それでもVIASOカードがポイントが稼ぎやすいといわれるのは、専用のオンラインショップ「VIASO eショップ」を通してAmazonなどの提携サイトで買い物をするとポイントにボーナスが追加されていくからなんです。

 

しかも、提携している各ショップで買い物するともらえるポイントと、VIASOのボーナスポイントがダブルで!!

VIASOカードは、ネットショッピングをすることの多い学生にとって強い味方になってくれますよ!

 

リクルートカード

【公式サイト】

 

リクルートカード

入会対象者

満18歳以上で学生の方。または本人、配偶者に安定した継続収入のある方

年会費

無料

利用可能枠

10万~100万円

支払日

15日締め翌月10日払い

支払い方法

1回払い/2回払い/ボーナス一括払い/リボ払い/分割払い

ショッピング保険

最高200万円(カードで購入した日から90日以内に商品が破損、盗難にあった場合)

(自己負担額:10,000円)

海外旅行保険

付帯条件:利用付帯

死亡・後遺障害:最高2,000万円

障害・疾病治療費用:最高100万円

賠償責任:最高2,000万円

救援者費用:最高100万円

携帯品損害:最高20万円

国際ブランド

VISA/Master Card/JCB

ポイントサービス

・利用金額の1.2%分のポイントが貯まる(ポイント還元率1.2%)

・ポンパレモールで買い物をすると、ポイントがさらにお得に貯まる!

(2018年6月時点での情報)

 

ここまでの記事を読んで、とにかくポイントを貯めたい!と思った方は、リクルートカードをを選ぶのもいいですよ!

カード自体のポイント還元率が1.2%と、とても高く設定されています。

普通に買い物や食事をするだけでも効率よく貯めることも。

 

さらに2013年にリクルートが開始したネットショッピングサイト「ポンパレモール」で買い物をすると還元率が3%も追加されます。

なかには最大20%もポイント還元してくれる商品もあるので本当にお得ですよね!

 

気づきましたか?

いろいろな学生向けのクレジットカードを紹介してきましたが、それぞれ「これっ!」っていう売りがあるんですよ。

ほんとですね!

でも、カードの売りがわかるだけですごく選びやすい……どうしてなんですか?

カードの売りがわかれば、自分が使いやすいカードがどれなのか選びやすくなるでしょう?

そっか!そういうことなんだ!!

大切なのは自分の使い方にあったクレジットカードを選ぶことなんです。

簡単にクレジットカードの上手な選び方をまとめておくので、カード選びの参考にしていただけると嬉しいですね。

クレジットカードを選ぶ時のポイント!!

1.自分がどんな目的でクレジットカードを使うか考える。

2.どんなクレジットカードがあるか調べる。

3.クレジットカードの機能をしっかりと確認する。

4.クレジットカードに付いている売り(特典)を確認する。

5.自分の目的に合わせた特典(売り)を持ったクレジットカードを選ぶ。

 

カードの選び方のコツも教わったし、よし、さっそく従妹に教えてあげよーっと!

ちゃんとクレジットカードを作れるといいんだけど……ドキドキ!

お買い物でどうしてもすぐにお金がほしいなら、少額借り入れも可能なキャッシングサービスを利用するのも一つの手段ですよ!

 

まずは実践!クレジットカードはこうやって使います

湯銭さんっ!従妹のところに、申し込んでおいたカードが届いたみたいです!!

あっ、従妹さん作ったんですね!

初めてクレジットカードを作った感想を聞いてみましたか?

大人の仲間入りしたみたいだって言ってましたよ!

大人の仲間入りかぁ……たしかにそうかもしれませんね。

あっ、じゃあもう使われたんでしょうか?

いえ、それがまだみたいで。

いまいち使い方がわからないらしいんですよね。クレジットカードの。

ああ、そうでした。まだクレジットカードの使い方については何も説明していませんでしたね。

 

ただ、正直クレジットカードの使い方って単純なものじゃないんですよ。

サインの仕方や注意することもたくさんあるんです……。

クレジットカードの使い方については参考記事でで詳しく説明させていただいているので、目を通してみてくださいね。

参考記事 クレジットカードの使い方は難しくない!クレカ初心者のための講座

 

なのでここではクレジットカードの使い方を簡単に見ていきましょう!

 

サイン?暗証番号?クレジットカードの使い方

クレジットカードの使い方はそんなに難しくないので安心してくださいね。

まずは買い物をするときに、現金の代わりにクレジットカードをお店の人に渡しましょう。

 

「支払いはクレジットで!」って渡すと、ちょっとだけ大人になった感じがするかも!

 

するとお店の人が、渡されたクレジットカードが買い物をした本人のものかどうか確認をしてくれます。

 

ちゃんと本人確認ができたら、クレジットカードでの買い物は終了です。

あとは引き落とし日にあなたの口座から買い物した分の代金がきちんと引き落とされるのを確認するだけです!

 

本人確認の方法は主に2種類、「サイン」と「暗証番号」があります。

今回は広く使われている「サイン」を使った方法について説明していきましょう。

 

クレジットカードはサインを書いて使います

クレジットカードを使うときに、本人確認をするためにお店から求められるのが「サイン」です。

 

サインをする場所は、クレジットカードの裏面と買い物するときにお店から渡される売上表(伝票)の2ヶ所あります。

この2ヶ所にサインがされていないと、カードの持ち主ではないかもしれないとお店の人に思われてクレジットカードを使って後払いで買い物をすることができないのです。

 

クレジットカードのサインの仕方については参考記事で詳しくお話ししています。

暗証番号の確認方法についても説明していますよ!

 

参考記事 証明?確認?クレジットカードのサインの大切さと書き方を徹底解説!

 

クレジットカードを使うには、カードの持ち主であるってことをちゃんとお店の人にわかってもらわなきゃいけないってことなんですね!

そうなんです。

もしもカードの持ち主であることが確認されなかったら、誰でも自由にカードを使うことができてしまいます。

だからこそ、本人確認は必要なんです。

安心してクレジットカードを使うためにも、暗証番号やサインはとても大切なんだなぁ……。

でもこれで使い方も教えてもらったし、従妹にクレジットカードの上手な使い方を教えられるぞ!!

ちょっと待ってください!!

安心するのは早いですよ?クレジットカードにはまだまだ気をつけなきゃいけないことがあるんです。

えっ、まだほかにもあるんですか!?一体なんだろう……?

ほら、あと1つだけ残っているじゃないですか。

買い物をしたら必ずしなければならないこと……支払いですよ。

クレジットカードで後払いをしたのなら、立て替えてくれたクレジットカード会社に支払いをしなくちゃいけませんからね。

あっ、そうか!支払いのことすっかり忘れてた……。

湯銭さん、立て替えてもらった分の代金の支払いはどうしていけばいいんですか?

それじゃあ、順を追って説明していきましょう!

クレジットカード会社への支払いのポイントは「締め日」「支払日」、そして「支払い方法」です!!

 

はじめて持つからこそ……学生がクレカを持つときは支払いに気を付けよう

これまでお話してきたように、クレジットカードを使えばカード会社が代金を立て替えてくれるので買い物をしたときに支払いを後払いにすることができます。

つまり、クレジットカードを使ったあなたは代金を立て替えてくれたクレジットカード会社に後から使った分だけ代金を支払う必要があるんです。

 

支払いは計画的に

クレジットカード会社への支払いは、カードを使うたびにするわけではありません。

月に1回、「締め日」というものを決めて、その日までに使った分だけをまとめて支払ってもらうようあなたに連絡が来ます。

 

そしてクレジットカード会社が指定した「支払日」に支払いをするのです。

 

クレジットカードを使うときには、「締め日」と「支払日」をしっかり覚えておくことが大切です!

ちゃんと覚えておかないと、どれだけの金額をクレジットカードで使ったか、いつまでにお金を用意しておかないといけないのかわからなくなってしまいます。

たとえば学生だったら、レポートを提出しなければいけない日。

そして遅れると単位がもらえなくて留年するかもしれない……ってぐらい大事なことと思っておくといいでしょう。

カード会社が用意してくれる、締め日までにどれだけ使ったかが書かれた「利用明細書」でしっかりと確認しておきましょう。

「気づいたら支払うの忘れてて大変!」「しまった今月遊びすぎて払えない……」なんてことにならないようにしてくださいね。

たしかに支払いはちゃんとしておかないとダメですもんね。

クレジットカード使ったら、ちゃんと利用明細を確認するように伝えておかなきゃ。

それがいいですね!

何事もちゃんと確認しておかないとわからなくなってしまいますから。

ああ、そうだ。大切なことを伝えるのを忘れていましたよ。

クレジットカードにはいろいろな支払い方法がありますから、自分がどの方法を選んでいるか確認しておくようにしてくださいね。

支払い方法を確認……?

えっと、湯銭さんの言っている意味がよくわからないんですけど……?

ああ、すみません、少し急ぎすぎてしまったかもしれません。

クレジットカードは後払いができる便利なものですが、支払い方法によっては買い物した分以上のお金をクレジットカード会社に払うことになってしまうんです。

だから、自分が実際どれだけのお金を支払っているのか、確認したほうが安心なんですよ。

ええっ!?それどういうことなんですかっ!?

それじゃあ支払い方法の注意点について、もう少し詳しく説明しておきましょう!

支払い方法には要注意!

実際にクレジットカードを使って買い物をすると、お店の人に「一括ですか?分割ですか?」と支払い方法をどうするか聞かれると思います。

クレジットカードを使って買い物をするときには、この「支払い方法」の選択がとても重要になります!

クレジットカードの支払い方法は、主に以下の4種類あります。

  • 1回払い(買い物した分の金額を1回で全部支払う方法で一括払いともいう)
  • 2回払い(買い物した分の金額を2回に分けて支払う方法)
  • 分割払い(買い物した分の金額を何回かに分けて毎月支払う方法)
  • リボ払い(買い物した分の金額を一定の金額で分けて毎月支払う方法)

簡単に言うと「買い物した分の金額を分けて支払うかどうか、その回数や金額はどうするか」ということです。

あなたは、自分で支払い方法を指定してクレジットカード会社に立て替えてもらった商品代を返していくことになります。

ただし支払い回数が増えれば増えるほど、返済期間は長くなっていきますからね。

商品代をクレジットカードで支払うとき、支払いを待ってもらうための手数料っていうものが毎月上乗せされて請求されるんです。

できることなら支払うお金は商品代だけにしたいですよね。

余分なお金を払わなければいけないならなおさら全部一括払いのほうがいいんじゃない?そう思いますよね?

それでも、クレジットカードで支払う金額が高くなると1回で支払うことができないことも出てきます。

だからこそ、支払い方法はよく考えて自分に合ったものを選んでくださいね。でないと気づいたら支払わなきゃいけない金額が増えてとんでもないことになってしまうかもしれません。

支払い方法を理解して、毎月ちゃんと支払うことが大切なんですね!!よし、今度こそ完璧に従妹にクレジットカードについて教えられるぞ!!

それじゃあ後は番外編、クレジットカードにあるもう1つの機能「キャッシング機能」について説明しておきますね!

……「キャッシング機能」

あっ、さっきクレジットカードの機能について説明してもらったときに言ってたやつですね!

お金を借りるクレカのキャッシング機能とは?

「ショッピング機能」がクレジットカードの主な機能になりますが、カードには同時に現金を借りることができる「キャッシング機能」が付いているものがあります。

「キャッシング機能」はクレジットカードを作るときに審査で決められた金額内でなければ利用できません。

しかも、クレジットカードの「ショッピング機能」の利用可能額のなかに「キャッシング機能」で利用できる分が含まれているので注意が必要です。

そのためクレジットカードの「キャッシング機能」は金額が少なくなっていることが多いです。出ていくお金も増えていくでしょうから、そんな心配もでてきますよね。

そんなときにはキャッシングカードを作るということも一つの手段ではあります。

「お金を借りるキャッシングに学生でも申し込むことができるの?」と不安になりますよね。

成人年齢以上で安定した収入があるのであれば学生でもキャッシングカードを作れる可能性があります。

ただし、学生は借りたお金を返せなくなるんじゃ?と判断されてしまうかもしれません。そのため、利用可能額が低くなるケースが多くなります。

一般的に学生がキャッシングカードを作ったときのキャッシング枠は平均10万円です。

「10万円までしか借りられないのか……海外旅行いけなくない?」と思うかもしれません。

しかし利用可能額いっぱいまで現金を借りることができるので、遊びすぎて生活費に困ったときなど、急に現金が必要になったときに心強い味方になってくれるかもしれませんよ。

まとめ

そっか、クレジットカードでお金を借りることもできるってことなんだ!

そうなんですよ。ただし、説明したようにキャッシングで使える金額はとても少なくなっています。

同じくお金を借りることができるキャッシングカードも紹介しておいたので、必要に応じて使い分けるとよいのではないでしょうか?

はいっ、従妹にもそう伝えておきます!

これでクレジットカードについての説明は終了です!あとは実際に使っていくだけですね!

クレジットカードのこと、とってもよくわかりました。湯銭さん、どうもありがとうございました!

あ~従妹だけじゃなくて、わたしもクレジットカード使って、買い物してみようかな~!

 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。