急な出費に困った|1時間あればできる低リスクな6つの解決法!

もうお金がない。

連続飲み会や衝動買い、急な出費がかさんで今困っているからこの記事にたどりついたのだと思います。

家賃や公共料金の支払いが迫っていてすぐに解決したいというなら、プロミスでお金を借りるのが一番の解決法です。

最短60分でお金を借りれて、初めての方は30日間無利息で利用できます。

プロミス
  • 入力画面が少なく申込みが楽!
  • コンビニATMやネットから24時間借りれる
  • 初めてなら30日間利息ゼロ円

実際にお金の教本運営スタッフもプロミスを使ってみたのですが、20時に申込んだにもかかわらず60分で借りることができました。

スマホから手軽に借りることができ便利ですが、返済の目処だけはしっかり立てて使わないといけないなと思いました。

1.今すぐ解決したいならお金を借りる

大手の金融機関は、店舗に行かなくてもスマホから手軽に申込むことができ、最短1時間でお金の悩みを解決できます。

またちょっと事情が話にくくても、女性専用ダイヤルがあるので安心して申込むことが可能です。

最短1時間以内に借りれる金融機関
アコム

アコム

  • インターネットから24時間申込み可能
  • 審査は最短30分で完了
  • パート・派遣社員の方も申込み可能
プロミス
  • 入力画面が少なく申込みが楽!
  • コンビニATMやネットから24時間借りれる
  • 初めてなら30日間利息ゼロ円

※申込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

1-1.急な出費の対処法としてカードローンがおすすめな理由

カードローンを使わなくても、人からお金を借りたほうが早くて低リスクだと思いますよね。

  • 24時間365日申込める
  • アルバイト・パート申込み可能な業者も多数
  • 初めて申込みの方対象のキャンペーンも行っている
  • 5万円以上などまとまったお金を借りやすい

しかしカードローンは、このように急な出費にお困りの方にとって便利なサービスとなっているのです。

金融庁の統計では、日本人の10人に1人が金融機関に相談しているデータがあります。しかも自分の趣味や楽しみ目的で借りる人も多いので、身近なサービスとして浸透してきているということになりますね。
※参照:金融庁 業態別貸付件数、1件当たり平均貸付残高

さらに本当にお金を借りられるかどうか不安の方のために、無料借入れ診断を実施している業者も多いです。

>>プロミスの無料借入診断

1-2.カードローンを利用するときの注意点

カードローンを利用するときは、返済のことを良く知ることが大切です。

延滞や未払いなど、引き落とし日に口座の残高が足りず引き落とせない、期限内での返済ができないといったことは避けなくてはなりません。

また、支払いの延滞が3ヶ月以上滞ってしまうと、ブラックリストに登録され、今後の借り入れに影響する恐れがあるので注意しましょう。

さらに、返済に送れた日数分だけ「遅延損害金」が発生します。

遅延損害金は多くの金融機関で一律20%に設定されていて、返済が滞納することで余分な支払いをしなくてはならなくなります。

2.急な出費があったときにできる6つの対処法

急な出費が重なり、お金が必要になったときに使える6つの現実的な解決法をご紹介します。

2-1.物を売ってお金を作る

借りずに今すぐにお金を工面しなければならないときは、とにかく不用品を売ってお金を作るのが低リスクかつ現実的な方法です。

とくにゲームのまとめ売りは、1万円以上手に入る可能性があります。

買取りは、近所のお店に行くのもよいですが、自宅にいながら申込むことができるサービスなら楽です。

また、全国で一番高値で買い取ってくれるショップを比較できるサイトであれば、もっと効率よくお金を手に入れられます。

2-2.日払いバイトでしのぐ

日払いバイトは、日給10,000円以上稼げる仕事もたくさんあるので、急な出費がかさんでどうしてもお金が必要なときに使えます。

日払いバイトの仕事内容は、引っ越しスタッフや倉庫内作業、警備員などが多いです。

また、その他にも稼げる仕事をたくさん募集しています。

そのためケガをするリスクがある仕事は避け、自分が働きやすい仕事を見つければ、低リスクでお金を稼ぐことができますよ。

また勤務先によっては、その日の業務終わりに支払われる場合と後日振り込まれる場合があるため、事前に確認しておくとより効率よく必要な金額を稼ぐことが可能です。

日雇いバイトは、できるだけたくさんの求人から最適なものを比較したほうが、より効率よく稼げます。

2-3.友人や家族を頼る

周りにすぐに頼れる人がいるなら、すぐにお金を借りるのも手っ取り早い方法です。

ただし、安易な口約束だけで借りると、のちに金銭トラブルとなる恐れがあります。

友人や親といえども、借りたお金雄返すことを忘れてはいけません。たとえ少額でも、お金を返し忘れてると印象も悪くなってしまいます。

仲の良い友人や信頼できる家族にお金を借りるときでも、しっかり借りたものは返すということを忘れてはいけません。

2-4.公的貸付を利用する

市区町村役場の福祉課に行き福祉相談を受けると、「生活福祉資金制度」を利用できる場合があります。申請すると、審査や手続きがあるため、融資を受けるまでには約1ヶ月必要となります。

連帯保証人がいる場合は無利子で借りることができますし、連帯保証人がいない場合でも年1.5%と低い金利での借入ができるのです。

また、返済が始まるまで融資開始から6ヶ月ほど猶予期間があるため、すぐに返済するのが難しいという人でも借入しやすくなっています。

さらに返済期間も20年以下と長期になっているので、返済に圧迫されながら生活されずに済みます。

2-5.自動貸付を利用する

定期預金をしている方に限られますが、急な出費があったときには「自動貸付」を利用するのも一つの手段です。「定期預金担保貸付」とも呼ばれ、定期預金を解約せずに借入を行うことができます。

定期預金をしている総合口座には、自動的に「貸越」という機能が付いています。これは同じ銀行で契約している定期預金の預入範囲内で、自動的に貸し出しをしてくれるというものです。

口座残高以上の引き出しをしたときに、手続きをすることなく借入ができるため便利な方法といえます。ただし、自動で貸付けが行われるという点には注意が必要です。

2-6.クレジットカードを上手く使う

急な出費が重なり、現金が手元にない場合は、クレジットカードを使って支払いをすべてカードでまとめ、月末給料が入ったら支払うという方法もあります。

給料日がすぎたら確実に支払えるというのなら、学生・主婦の方も使えます。

申込みから発行まで最短即日、そしていざというときのためにお金を借りる「キャッシング機能」を付けられるクレジットカードもあるのです。

急な出費の対策として役立つクレジットカード
セディナカードJiyu!da!
  • 主婦・学生も申込み可能
  • コンビニ支払いか口座引き落としから選べる
  • 専業主婦でもキャシング枠が付けられる
楽天カード
  • 申込みから発行まで最短1週間で自宅に届く
  • 20歳以上の学生でもキャッシング枠が付けられる

クレジットカードのキャッシング枠については、別記事でショッピング枠との関係も詳しく解説していますので、ぜひお読みください。

3.急な出費の原因を知ることも解決のために大事

自分が気をつけていても発生するのが急な出費です。ただ、どういったときに急な出費がかさんでしまうのか、原因を知ることで備えることはできます。

急な出費の原因
  1. 冠婚葬祭で費用がかさむ
  2. 飲み会シーズンの急な飲み会の連続
  3. 急な入院
  4. 水漏れや家電の故障など急なトラブル

3-1.急な冠婚葬祭

まずは、職場に20~30代の独身者が多い場合、結婚される方が多くなりますよね。単発だと問題ないのですが、数ヶ月の間に何回も結婚式に出席すれば、ご祝儀でそれだけ急な出費がかさんでしまいます……。

結婚式に出席する場合、新郎新婦との間柄にもよりますが、1人で出席だと3万円、夫婦だと5万円が相場です。

結婚式の場合は事前に招待されるため、準備する時間がありますが、葬儀の場合は突然なのでお金の準備をする猶予がありません。

そのため、いつでも参列できるよう香典のお金を準備しておく必要があります。

葬儀の香典の目安としては、勤務先の上司や部下、友人の場合は5000~1万円、叔父や叔母、いとこなどの場合は1~3万円、親や兄弟の場合は3~10万円です。香典は「気持ち」なので、無理に高額を出す必要はありませんが、故人との間柄などを考慮したうえで包む金額を決めましょう。

3-2.急な飲み会

断れない急な飲み会が重なると、いつの間にか金欠になっていることがありますよね。会社にもよりますが、多ければ週に1度以上のペースで誘われることもあるでしょう。

できれば断りたいところですが、断ることでその後の仕事に影響する可能性もあるため、なるべく突然誘われても困らないよう備えておきたいところ。

飲み会の費用は、同僚であれば5000~1万円ほどあれば十分でしょう。先輩や上司との飲み会でも、1万円ほど持っていればよほど安心です。

後輩や部下と飲みに行く場合は、おごったり多めに支払ったりするケースが多いため、1~3万円と費用の目安は高めです。

3-3.急な病気などで入院

病気やケガで急に入院することになったときも、大きな出費となります。入院が長引く可能性もありますし、その後も通院が必要になると出費はかさみますよね。

費用は病気や怪我の程度にもよりますが、数千円~数万円の出費を考えておかなければなりません。

病気を絶対にしないということはほぼ不可能なので、いつでも余裕があるようにお金を貯めておくか保険に加入しておく必要があります。

3-4.生活のトラブル

また、急な水のトラブルや漏電したりなど、住宅環境で修理が必要になると大きな出費となります。キッチンの蛇口修理であれば8000円~、トイレ修理は3万円ほどが相場となっています。

そして家電の修理費用としては、エアコンや冷蔵庫、洗濯機の場合5000円~3万円ほどです。

ただし交換部品や修理内容によっては金額が前後しますし、なかには新品に買い替える必要があり、5万円以上の出費となる場合もあるでしょう。

4.急な出費に備えて貯金しておこう

急な出費のために、毎月どのくらい備えておけばよいのでしょうか。生活レベルや収入によっても異なりますが、貯金の目安は月収の手取りの約2割です。

そのうち1割が長期的なスパンでの貯蓄、残りの1割が急な出費のための予備費となります。目的別に貯蓄することで、急な出費がかさんでしまっても、長期的なスパンでの貯蓄に手をつけなくても済みます。

家電の故障や入院に備えることを考えると、10~20万円は予備費として貯蓄しておくと安心です。

さらに、病気や怪我が原因で収入がなくなったときのことを考えると、数ヶ月は無収入でも生活できるほどの予備費があれば、よりよいでしょう。

また、普段の生活から急な出費に備えておくことはとっても大切です。無駄な出費を抑える方法、固定費を節約する方法は、別記事で詳しく解説していますので、ぜひお読みください。

5.やってはいけない対処法

急な出費が必要になったからといって絶対にやってはいけない対処法が「闇金」の利用です。闇金は違法な貸付けをおこなっており、無審査で即日融資をするのが特徴です。

簡単に借入ができて便利に感じるかもしれませんが、法律で定められた上限金利をはるかに超える金利で貸し付けを行っているため、多額の利息が発生し、膨らんでいくため返済できなくなってしまいます。

返済が滞ると、暴力的な取り立てにあってしまうこともあるのです。闇金には絶対に手を出さないようにしましょう。

まとめ

急な出費への対処法はさまざまなものがあります。そのなかでもリスクが低く手軽に利用しやすいのはカードローンではないでしょうか。

カードの審査に一度通れば、その後いつでも借り入れることができます。また、周囲に知られにくく、初めての利用で短期間であれば無利息で利用できるのも魅力ではないでしょうか。

いざというときに備え、カードローンの契約をしておくのもよいですよ。

 

合わせて読みたい

    おすすめキャッシング

    レイクALSA

    Webで最短60分のスピード融資が可能

    レイクALSA

    実質年率
    4.5% ~18.0%
    利用限度額
    最大500万円
    審査時間
    最短15秒
    融資スピード
    最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
    フタバ

    他社借入れ4社以内なら申込み可能

    フタバ

    実質年率
    14.959%~17.950%
    利用限度額
    10万円~50万円
    審査時間
    最短即日
    融資スピード
    最短即日融資
    ベルーナノーティス

    専業主婦も申込みできる!

    ベルーナノーティス

    実質年率
    4.5%~18.0%
    利用限度額
    1万円~300万円
    審査時間
    最短30分
    融資スピード
    最短即日

    条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

    すべての条件や種類を見る

    キャッシング最適診断キャッシング最適診断
    難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

    お金の教本について

    当サイトでは、お金を借りるときのルールと、便利な使い方。各種お得なポイントの貯め方などお金に関する知識を幅広く提供していきます。
    いまいち消費者金融の仕組みが分からない。クレジットカードの細かいルールが曖昧など、いろんな悩みを解決していきます。
    今まで知らなかったお得なお金の豊富な知識をみなさんに提供し、キャッシングを便利なサービスとして利用してもらえるお手伝いをいたします。