住信SBIネット銀行カードローンの申込み|【口座必須!】最短即日融資は可能?

住信SBIネット銀行カードローン口座開設も一緒に申込める!

住信SBIネット銀行カードローンは、住信SBIネット銀行の口座を持っていること条件ですが、口座開設と同時に申込むことができます。

20歳以上で安定した収入があるならアルバイト、パートや正社員の方が申込むことが可能です。しかし、20歳以上の学生、専業主婦や年金受給者の方は、申込むことができません。

そこで今回は、住信SBIネット銀行カードローンの申込み、借入れや返済など基本情報など詳しくご紹介します。

※2019年10月31日まで申込んだ方対象です

住信SBIネット銀行カードローンは口座と同時申込みできる

住信SBIネット銀行カードローンに申込むには、住信SBIネット銀行の口座は必要になります。口座を持っていない方でも申込み条件を満たしていれば、口座開設と同時にカードローンに申込むことが可能です。

住信SBIネット銀行カードローンの申込み条件は、以下の表でまとめてみました。

住信SBIネット銀行カードローンの商品概要
項目 詳細
申込み条件

・満20歳以上で65歳未満の方
・安定継続した収入があること
・保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
または住信SBIネット銀カード株式会社の保証を受けられる方

資金の用途 原則自由(事業性資金は除く)
契約期限 1年間(原則、1年ごとに自動更新)
担保・保証人 不要

継続的でしっかりと安定した収入がある方であれば、アルバイト、パートや正社員の方は問題なく申込みすることができます。しかし20歳以上で安定した収入があっても、学生の方は申込むことができません。

また自身に収入のない専業主婦の方年金のみ収入がある方も、住信SBIネット銀行カードローンに申込むことができないです。

学生や専業主婦でどうしてお金が必要と考えている方には、こちらの記事で今すぐお金を手に入れれるおすすめの方法をご紹介しています。

住信SBIネット銀行のキャッシュカードはデビット機能付き

住信SBIネット銀行カードローンはローンカードではなく、住信SBIネット銀行のキャッシュカードを使って借入れや返済を行います。

住信SBIネット銀行のキャッシュカードには、コンビニ、スーパーやネットで買い物をした代金がその場で口座から引き落とされるデビット機能が付いています。

デビット機能は口座にお金が入っていないと使うことができないため、お金の使いすぎを防ぐことが可能です。

また住信SBIネット銀行のキャッシュカードは海外でも利用することができ、「Mastercardのマーク」や「Visaのマーク」が表示されていればお店・ATMでカードを使うことができます。

そして、給料の受取りやデビット機能などキャッシュカードを利用するたび、現金やマイルに交換できる「スマプロポイント」というポイントが貯まります。

スマプロポイントは1,000円ごとに8ポイント貯まり、500ポイント以上から以下のレートで交換可能です。

ポイントの交換レート
  • 1ポイント=1円
  • 100ポイント=40マイル

ポイントは現金に交換すると翌々日に住信SBIネット銀行の口座に振込まれ、マイルに交換すると翌月下旬にJALマイレージバンクに送られます。

ポイントをマイルに交換するときは事前にJALマイレージバンクの会員登録しておく必要があるので、登録を済ませてからポイント交換を行いましょう。

住信SBIネット銀行カードローンの2つのコース

住信SBIネット銀行カードローンには、スタンダートコースプレミアムコースの2つのコースがあります。この2つのコースは申込み時に選ぶことができず、住信SBIネット銀行が審査結果に応じて決めていくのです。

住信SBIネット銀行カードローンの2つのコース
内容 スタンダートコース プレミアムコース
利用限度額 10万円~300万円(10万円単位) 10万円~1,200万円(10万円単位)
金利 8.99%~14.79% 1.59%~7.99%

スタンダートコースの利用限度額や金利だけ見ると「スタンダートコースは利用しにくそう…」と思われるかもしれません。

しかし、大手消費者金融のアコムと比較してみると、スタンダートコースがいかに利用しやすいのがわかります。

アコムの利用限度額と金利
■利用限度額
1万円~800万円
■金利
3.0%~18.0%

大手消費者金融のアコムの最大金利が18.0%に対して、住信SBIネット銀行カードローンの最大金利は14.79%とかなり低いです。

最大金利は10万円程度の少額融資に適応されることが多いので、少額融資を希望するなら住信SBIネット銀行カードローンのスタンダートコースが利用しやすいです。

一方プレミアムコースは最大1,200万円まで借入れすることができ、金利もかなり低めに設定されています。

また住信SBIネット銀行カードローンを完済後、解約することでコース変更の申込みをすることが可能です。

ただ再度審査を受けなければいけなく審査結果によっては、コースが変わらなかったり最悪審査に通過できなかったりする可能性があります。

審査に通過できなければ、もう一度住信SBIネット銀行カードローンを利用することができなくなるので慎重に考えてかたコースに変更を行いましょう。

住信SBIネット銀行カードローンは最大0.6%金利が優遇

住信SBIネット銀行カードローンは以下の条件を満たしていると最大0.6%金利が優遇され、借入れ開始日の翌々月の1日から適応されますよ。

金利の引下げ条件
  1. SBI証券口座保有登録が済んでいる
  2. 住信SBIネット銀行の住宅ローン(※1)に残高がある
  3. 住信SBIネット銀行所定のミライノカード(JCB)を所有し、住信SBIネット銀行口座をカードの引き落とし口座として設定している(※2)

※1.「住宅ローンフラット35(買取り型)」と「ミスターパッケージローン」は対象外

※2.オリックス・クレジット株式会社または株式会社ジェーシービーが保証しているカードローンを契約中の方は対象外

また金利の引下げ条件の組み合わせによって、適応される引下げられる金利が異なります。そのため、以下の表で金利の引下げ条件の組み合わせ方をまとめました。

金利の引下げ条件の組み合わせ表
1と3 0.6%
2と3 0.6%
1と2 0.5%
3のみ 0.1%

住信SBIネット銀行カードローンの仮審査時間は最短60分!

住信SBIネット銀行カードローンの仮審査は、最短60分で仮審査結果を確認することが可能です。

住信SBIネット銀行カードローンの審査は、申込み内容を住信SBIネット銀行、保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社や住信SBIネット銀行カード株式会社が確認し、審査の結果を判断しています。

そのため、仮審査は最短60分という審査時間が実現できているのです。ただ申込みする時間帯によっては、審査に時間がかかる可能性があるので注意しましょう。

また住信SBIネット銀行カードローンには、審査に通過できる可能性があるのか確認できる簡易審査があります。

この簡易審査は最短30秒で結果を確認することができ、記入する項目は生年月日、希望する借入れ金額や他社の借入れ状況など5つだけなのでとても簡単です。

審査に通過できるのか不安な方は、一度お試しで簡易審査を行ってみてはどうでしょうか。簡易審査の結果が「お借入れいただける可能がございます。」と表示されていれば、実際の審査に通過する可能性が十分にありますよ。

審査に通過できなくても口座は開設できる

住信SBIネット銀行カードローンは、口座開設と同時にカードローンの申込みをすることができます。

仮審査に通過することができれば、たとえ本審査を通過できなくても問題なく口座だけを開設することができます。

しかし、仮審査の時点で通過できなかった場合は、口座開設することができません。

口座があればデビット機能や現金交換できるポイントなどを利用することができますよ。

また次に住信SBIネット銀行カードローンの申込むとき、申込み内容の氏名、住所や電話番号など記入する手間を省くことも可能です。

増額するときは審査を受ける必要がある

住信SBIネット銀行カードローンで利用限度額を増額するときは、「カードローン増額申込みのご案内」というお知らせが来ていることが申込み条件です。

このお知らせが来ていない方が増額の申込みをしても、増額の審査に通りませんので注意しましょう。

また契約内容を変更するときは、本人確認書類を用意しておく必要があります。

ただ利用限度額を増額して50万円を超える場合、本人確認書類と併せて収入証明証が必要です。

ただ収入証明証は給料をもらっている方、個人事業者の方と法人代表者の方で用意する書類がことなりますので、以下を参考に用意していただければ問題ありません。

給料をもらっている方が用意する収入証明証
源泉徴収票 申込み日から最新のもの
所得証明書 市区町村が発行する住民税課税決定通知書などでも代用可能
確定申告書

・税務署に持参や郵送で提出した場合、税務署の受付印が押されているものに限ります
・e-Tax(電子申告)を利用して提出する場合、申告書のコピーや受信通知を確定申告書と併せて用意しましょう

給料明細 勤務年数が1年未満で上記の書類が用意できない場合、申込みにから最新の給料明細1ヶ月分を用意しましょう
個人事業者や法人代表者の方が用意する収入証明証
所得証明書

・市区町村が発行する住民税課税決定通知書などでも代用可能
・納税証明書を代用として提出する場合、その1・その2・その3のすべてとします

確定申告書

・税務署に持参や郵送で提出した場合、税務署の受付印が押されているものに限ります
・e-Tax(電子申告)を利用して提出する場合、申告書のコピーや受信通知を確定申告書と併せて用意しましょう

ちなみに収入証明証を提出するときは、書類の余白に受付番号を記入しておく必要があります。

受付番号は「仮審査終了のお知らせ」というメールに記載されているので、忘れずに記入して提出しましょう。

住信SBIネット銀行カードローンの2つの申込み方法

住信SBIネット銀行カードローンの申込み方法は、住信SBIネット銀行口座を持っている方と持っていない方で違います。

それぞれ申込みから借入れまでの手順を詳しくご紹介します。

住信SBIネット銀行口座を持っている方の手順

申込みから借入れまでの手順
  1. 公式サイトで「新規申込み」を選択する
  2. ユーザネーム・パスワードを入力してログインする
  3. 申込み完了後、仮審査が行われる
  4. 仮審査結果を確認後、必要書類を提出する
  5. 書類提出後、本審査が行われる
  6. 本審査結果を確認後、契約手続きを行う
  7. 契約手続き完了後、借入れ開始

住信SBIネット銀行口座を持っている方は、氏名住所電話番号を記入する必要がありません。

しかし、カードローンの申込み中に氏名など変更になる場合、カードローンを申込む前に変更手続きを行う必要があります。

また住信SBIネット銀行カードローンはローンカードがなく、キャッシュカードで借入れや返済を行うことが可能です。

住信SBIネット銀行口座を持っていない方の手順

申込みから借入れまでの手順
  1. 公式サイトで「口座開設と同時申込み」を選択する
  2. 同意事項を確認し、必要事項を記入する
  3. 申込み完了後、仮審査が行われる
  4. 仮審査結果を確認後、必要書類を提出する
  5. 書類提出後、本審査が行われる
  6. 本審査結果を確認後、契約手続きを行う
  7. 契約手続き完了後、1週間程度でカードが届く
  8. カードが届き次第、借入れ開始

住信SBIネット銀行の口座を持っていない方はキャッシュカードを受取る必要があり、キャッシュカードが手元に届くまで1週間程度かかります。キャッシュカードが届くまでの1週間は、口座振込みでお金を借りることが可能です。

またキャッシュカードを受取るときには、写真付きの本人確認書類を提示する必要があります。

写真付きの本人確認書類を提示できないと、キャッシュカードを受取ることができないので注意しましょう。

申込みに必要な書類

住信SBIネット銀行カードローンは、運転免許証など写真付きの本人確認書類が1点あれば問題ありません。

顔写真付きの本人確認書類は、キャッシュカードを受取るときにも必要になります。

本人確認書類を提出する前に、申込み内容と書類に記載されている氏名住所生年月日が同じかどうか確認しましょう。

また書類の氏名、住所、生年月日、発行日や交付元の印など住信SBIネット銀行が確認できる状態で提出が必要です。

本人確認書類 注意事項
運転免許証

・有効期限、公安委員会名称、公安印が確認できるようにコピーすること
・免許の条件、臓器提供意思確認欄のみ確認できないように加工すること
・運転免許証に穴があいているものは認められません

パスポート

・顔写真や住所ページのコピーを提出
・現住所が記載されているものを用意

住民基本台帳カード

・顔写真、氏名、住所や生年月日が記載されているものを用意しましょう
・顔写真が付いていないものは認められません

各種保険証

・氏名、住所、生年月日、性別、有効期限や交付日のすべてを確認できるようにコピーすること
・住所が手書き記入のものは住所を記入したうえでコピーすること
・通院履歴や家族情報など記載がある場合、確認できないように加工すること

マイナンバーカード

・マイナンバーカードは表面のコピーのみの提出となっています
・裏面は不要ですので提出しないように注意しましょう

在留カード 顔写真、氏名、住所、生年月日や在留期間など確認できるようにコピーすること

住信SBIネット銀行カードローンで50万円以上の借入れを希望する方は、本人確認書類1点と収入証明証も1点必要です。

収入証明証を提出するときは、氏名・住所・生年月日が申込み内容と同じか、有効期限内であるかなど確認してください。

もし書類に不備があると、再提出を求められ借入れまで時間がかかってしまう可能性があります。

なので、申込みする前に、しっかりと書類に不備がないか確認してから提出をしましょう。

書類の提出方法

本人確認書類や収入証明証は、インターネットまたはFAXから提出することが可能です。

インターネットで提出する場合、申込み時に記入したメールアドレスにメールが届き、そのメールに添付されているURLから提出することができます。

またFAXかた提出する場合、自宅の電話機かコンビニのコピー機から提出することが可能です。

書類を提出するときに、書類の余白部分に受付番号を記入しておく必要があるので忘れずに記入しておきましょう。

住信SBIネット銀行カードローンの借入れ方法

時間や曜日に関係なく手数料ゼロ円のATM

住信SBIネット銀行カードローンの提携ATMは24時間いつでも利用することができ、時間帯曜日に関係なく手数料ゼロ円で利用することができます。

住信SBIネット銀行カードローンが提携しているATMは、以下の4つです。

利用できる提携ATM
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • E-net(イーネット)
  • ローソン銀行

また1日や1ヶ月でATMから引き出せるお金を、0円~最大1,000万円の単位で設定することできます。ATMから引き出せるお金を1日10万円までに設定することで、10万円以上の引き出しは出来なくなります。

そのため、お金の使いすぎなどの不安がなくなり、計画的にお金を使うことができるでしょう。

自宅で手軽にできる口座振込み

住信SBIネット銀行カードローンの口座振込みは、住信SBIネット銀行口座のみお金を振込んでもらえます。口座振込みの申込みは、公式サイトやアプリから簡単に申込みすることが可能です。

特にアプリを使うと場所時間を気にすることがなく、ユーザーネームなどログイン項目を記入する手間もないのでスムーズに申込みすることができます。

また口座振込みもATM同様、時間帯や曜日に関係なく手数料ゼロ円で利用することができます。ただ、当日中にお金を振込んでもらうためには、23時59分までに依頼しないといけません。

23時59分ギリギリに口座振込みを依頼しても、翌日以降にお金が振込まれます。

なので当日中にお金を振込んでもらいたいと考える方は、遅くても23時30分までに口座振込みの依頼をすれば問題なく振込まれるでしょう。

住信SBIネット銀行カードローンの返済方法

返済時に注意する必要があるATM

ATMから返済するときは借入れ時と同じく24時間いつでも返済することができ、手数料ゼロ円で利用することができます。

ATMから返済する場合、操作する項目によって通常返済追加返済の2種類に分かれます。

通常返済はATMの画面上にある「お預入れ」を選択することで、毎月の返済をすることができます。

一方追加返済はATMの画面上にある「カードローン」選択することで、自身の都合に合わせた返済をすることができます。しかし、追加返済をしても返済日は変わらないため、返済日に再度返済しないといけません。

また追加返済は1円単位で元金のみ返済したり、元金全額と利息を合わせた金額を返済したりすることができます。

毎月の返済をする方はお預入れ、お金に余裕ができて追加で返済したい方はカードローンを選択して返済しましょう。

返済に遅れる心配が少ない口座引落し

口座引落しで返済するときは毎月5日に自動で引落しされるため、返済に遅れてしまうことが少ないです。

ただ5日の前日までに返済金額を住信SBIネット銀行口座に入れておく必要があります。

また住信SBIネット銀行カードローンは月末時点で借入れ残高があると、翌月の1日に返済日と返済金額をメールでお知らせしてもらえます。

メールで返済金額を確認したら、すぐ口座にお金を入金しておき返済の準備をしましょう。

毎月の返済金額は2,000円から

住信SBIネット銀行カードローンの返済金額は、月末時点の借入れ残高によってきまります。そこで、借入れ残高ごとの返済金額の目安を以下の表でご紹介します

月末時点の借入れ残高 偏差金額の目安
2,000円以下 月末時点の借入れ残高全額
2,000円以上10万円以下 2,000円
10万円以上20万円以下 4,000円
20万円以上40万円以下 6,000円
40万円以上60万円以下 8,000円
60万円以上80万円以下 11,000円
80万円以上100万円以下 15,000円
100万円以上150万円以下 20,000円
150万円以上300万円以下 25,000円
300万円以上400万円以下 30,000円
400万円以上500万円以下 40,000円
500万円以上600万円以下 50,000円
600万円以上700万円以下 60,000円
700万円以上800万円以下 70,000円
800万円以上900万円以下 75,000円
900万円以上 80,000円

まとめ

住信SBIネット銀行カードローンは住信SBIネット銀行口座を持っている方はもちろんですが、持っていない方でも申込むことが可能です。

また住信SBIネット銀行カードローンの提携ATMはどれもコンビニに設置してあることが多いので、24時間いつでも手数料ゼロ円で利用することはできますよ。

 

おすすめキャッシング

レイクALSA

初回特典が充実!

レイクALSA

実質年率
4.5% ~18.0%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短15秒
融資スピード
Webで最短60分※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます
プロミス

手軽なアプリローンが特徴的

プロミス

実質年率
4.5%~17.8%
利用限度額
最大500万円
審査時間
最短30分
融資スピード
最短1時間
フタバ

他社借入れ4社以内なら申込み可能

フタバ

実質年率
14.959%~17.950%
利用限度額
10万円~50万円
審査時間
最短即日
融資スピード
最短即日融資

条件や種類からキャッシング・カードローンを探す

すべての条件や種類を見る

キャッシング最適診断キャッシング最適診断
難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る難しい用語も分かりやすく解説キャッシング基礎知識 基礎知識一覧を見る

お金の教本について

急なケガや病気で医療費・引越し費用、または教育費の不足などでお金が必要になったとき、カードローンやキャッシングは便利なサービスです。
しかし消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングなどのサービスについて分からないことが多いという方もたくさんいると思います。
お金の教本は、そんな金融の疑問や悩みを解決し、カードローンやキャッシングを便利で身近なサービスとして利用できるよう基礎知識から役立つ情報を提供しています。

キャッシングごとの特徴や魅力を比較し、目的別に最適なサービスをお選びいただけます

大手消費者金融のプロミスやレイクALSA、アコムといった知名度の高いカードローンから、楽天銀行のカードローンなど有名銀行のキャッシングを徹底比較し目的別にご紹介しています。

キャッシング選びに迷った方も安心

数あるキャッシングでどれを選べばいいか迷った方は、お金の教本の「キャッシング診断」や人気サービスランキングをご活用ください。
当サイトの申込み件数に応じた人気のサービスをご紹介しています。
迷ったときは、実際に申込んだ方が多く安心できるサービスをお選びいただくのも、有効な選択肢でしょう。